「VWゴルフTSI再検証」GT TSIはT-FSIを積むGTIにどこまで迫れたか?【VW GOLF FAN Vol.12】

2021/01/19 08:00

※この記事は2007年6月に発売された「VW GOLF FAN Vol.12」から転載されたものです。

170psのTSIと200psのT-FSI、サーキットで勝つのはどっちだ!?
フォルクスワーゲン・ゴルフGT TSI vs ゴルフGTI

TSI再検証。その最初のステージはサーキット・アタック。俎上に上げるのはゴルフGT TSIである。そしてターゲットとなるのは2LT-FSIを搭載する兄貴分ゴルフGTIのタイム。そう、テーマはズバリ「サーキットでGT TSIはGTIにどこまで迫れるのか」だ!!

気になるのは2LターボT-FSIとの実力差

フォルクスワーゲン(VW)が面白いエンジンを世に送り出してきた。ゴルフGT用のパワーユニットとして2L直噴エンジン(FSI)に替えて、1.4L直噴+ツインチャージャー(スーパーチャージャー+ターボチャージャー)ユニットを開発、搭載したのだ。これによって省燃費、CO2削減という環境性能を高めるとともに、ハイパワー化も達成して、ドライビングプレジャーを高めている。

サーキットに連れ出したのは今回の主役であるゴルフGT TSIと、ターゲットとなるゴルフGTI。ともに6速DSGのトランスミッションを搭載し、タイヤサイズも共通の17インチとなる。

……というのがVWの掲げるお題目だが、それと同時にGLiと同じエンジンのサスペンション違いという、GTのあまりプレミアム性のない位置付けを、新しいエンジンを搭載することで起立させるという狙いもある。

今回のタイムアタッカーはこの方、お馴染み斎藤 聡リポーター。サーキットはストップ&ゴーが多く、GT TSIでも期待できる(かも知れない?)本庄サーキットを選んだ。

実際、ツインチャージャーの威力はなかなかのもので、1.4Lエンジンとは思えない低回転域のトルク、高回転の伸びがある。となれば、気になるのはGTI=2L FSIターボとの性能差。というわけで、本庄サーキットにGT TSIとGTIを持ち込み、ガチンコのタイムアタック対決をやってみよう、ということになった。

やはり……というか予想通り、ややソフトめなGT TSIのサスペンションのセッティングは、サーキット向きではないことが証明された。それでも、ツインチャージャーの威力によって、ノーマルとしては悪くないタイムを叩き出した。TSIユニットはサーキットでも有効なのだ。

ちなみにラップタイムを左右するタイヤだが、テスト車はいずれも225/45R17のコンチスポーツコンタクト2を装着している。ただし、ホイールサイズがGT TSIが7J×17なのに対して、GTIは7.5J×17。実接地面積でおよそ5mm程度GTIのほうが広くなる。それがどのようにタイムに影響するのだろうか?

1.4L TSIの実力を測るために、サーキットへと連れ出した2LターボFSIを搭載するGTI。R32と並び、ゴルフ・シリーズのなかでも飛び抜けてスポーツ濃度が濃いモデルだけに、特にサスペンションのサーキットへの適性という点でGT TSIを凌駕。今回のタイムアタックでもパフォーマンスの高さを見せつけた。

VW GOLF FAN Vol.12から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!