【知られざるクルマ】Vol.17 「日産テラノ」に3代目がある!? ……テラノ=パスファインダー35年の歴史と「知られざるテラノ」

2021/03/13 17:00

誰もが知る有名なメーカーが出していたのに、日本では知名度が低いクルマをご紹介する連載、【知られざるクルマ】。今回は、2021年2月に北米で発表された新しい「日産・パスファインダー」に関連し、かつて日本でも「テラノ」として販売されていた同車35年の歴史と、テラノもしくはパスファインダーに関する「知られざるモデル」を取り上げる。なお実は、テラノは過去の車名ではない。詳しくはこの記事を最後までご覧あれ!

・新型パスファインダーの詳細はこちら!
https://carsmeet.jp/2021/02/06/184752/

「テラノ」の海外名「パスファインダー」。日本からテラノの名は消えたが、海外市場ではパスファインダーは健在し、現在5代目を数える。

【テラノ&パスファインダーの歴史編】
・初代テラノ/パスファインダー(WD21型)は1986年に誕生

時代は今やSUV戦国時代。フルラインメーカーではラインナップの隙間を埋めるかのように、次々と新しいSUVを発売している。そんなSUVも、かつては「RV(レクリエーション・ヴィークル)」や「クロカン(クロスカントリー)」と称されていた。

日本でRVブームが起きたのは、1980年代半ば。当時、アウトドアやスキーなどのスポーツがレジャーとして一般的になったこと、乗用車並みの快適性・装備を備えた「いすゞ・ビッグホーン(1981年)」「三菱・パジェロ(1982年)」「トヨタ・ハイラックスサーフ(1984年)」が相次いで登場したことも、ブームを後押しした。

当初は3ドアのみだった初代テラノ(輸出名:パスファインダー)。デザインはカリフォルニアに本拠を置くNDI(日産デザインインターナショナル)が担当したため、どことなくアメリカ車の雰囲気を持つ。写真は北米仕様のパスファインダーで、その印象を一層強く感じさせる。パスファインダーには、日本では未設定となるZ24型エンジンを搭載する2.4L版もあった。

そんな中、日産は1986年に「ダットサン・トラック(9代目、D21型)」をベースにした「テラノ」を発表する。テラノは、クリーンでシンプルなデザイン、優れた静粛性と高性能を図ったTD27型ディーゼルエンジンを採用。操縦性や乗り心地の良さも重視しており、日常のシティユースでも快適に使えるファッショナブルなRVとして注目を集めた。一方でラダーフレーム+リアリジッドサスによる高い悪路走破性は残され、レジャー需要にも応えていた。

4ドアモデルが追加されたのは1989年。以降、2ドアに変わって主力となった。2ドアの特徴的なウインドウグラフィックは失われたが、リアドアのノブを高い位置に取り付けており、デザイン上の工夫が見られる。写真は、1993年に追加されたワイドボディ版。オーバーフェンダーにより全幅は1795mmに達していた。

初代テラノ/パスファインダー(WD21型)は、9代目ダットサン・トラック(D21型)をベースにしていた。フロントドア・ウインドウなどを流用しているほか、型式からもそれがうかがえる。

旺盛なRV需要に支えられ、テラノには次々と魅力的なバリエーションが与えられていく。まず1987年にV6・3LのVG30型エンジンを搭載、1989年には、より高い利便性を得た4ドアモデルも登場。1993年のマイナーチェンジでは、内外装をリフレッシュしたほか4ナンバーの商用モデルを廃止して、さらに乗用車的なイメージを高めていった。

1993年秋にはインテリアに大きく手が入り、80年代的な四角いダッシュボードからソフトなデザインに変更された。なお、ベースのダットサントラックも同じダッシュボードに変更している。

・ビルトインラダーフレーム構造とオールモード4X4を採用した2代目(R50型)

2代目テラノは、1995年にデビュー。初代モデル末期の1994年には2ドアが廃止されていたこともあり、2代目は4ドアボディのみに。しかもトラック由来のラダーフレーム構造から、モノコックボディとフレームを一体化した「ビルトインラダーフレームモノコック」を採用し、大幅な軽量化と剛性アップを果たしている。4WDシステムも、電子制御トルクスプリット式フルタイム4WD「オールモード4X4」を一部に採用していた。搭載エンジンは、TD27ETi型ディーゼルターボとV6・3.3LのVG33E型でスタートしている。

2代目テラノ/パスファインダーは5ドアボディのみで登場。外観デザインは、初代のテイストを残しつつ柔らかなイメージに。写真はパスファインダー欧州仕様。2代目パスファイダーのエンジン構成は基本的にテラノに準じるが、2001年からは、VG33E型をV6・3.5L DOHCのVQ35DE型に置き換えた仕様も存在した(仕向け地による)。

1996年、テラノはQD32ETi型 3.2Lインタークーラー付きディーゼルターボエンジンを追加。さらに1999年のマイナーチェンジでは、TD27TEi型ディーゼルエンジンを直噴DOHCのZD30DDTi型に換装した。写真はマイナーチェンジ後の姿。

ところで日産は、1989年に北米市場向けの高級車ブランド「インフィニティ」を立ち上げていたが、その後1996年頃に「レクサス(トヨタ)」、「アキュラ(ホンダ)」がそれぞれ高級SUVを発売したことを受け、インフィニティも「QX4」を投入して対抗した。QX4はテラノ/パスファインダーをベースにしたモデルで、専用グリル・内装素材の変更によって高級感をアピール。日本でも、テラノの上級版「テラノ・レグラス」として販売されていた。

日産の北米向け高級車ブランド「インフィニティ」向けに、2代目テラノ/パスファインダーをベースにした「QX4」を設定したのは1996年。日本でも、テラノの上級版「テラノ・レグラス」として販売していた。写真はインフィニティ QX4。型式はJR50型。

・3代目パスファインダー(R51型)から、日本では未発売に

1994年に出現した「トヨタ RAV4」は、モノコックボディ、横置きFFベースという乗用車的な設計を持ち、オンロード寄りの都会派モデルかつ、オフでも自在に活用できる柔軟性を備えた「ライトクロカン」として大いに注目を浴びた。その後「トヨタ・ハリアー」などのSUVが相次いで登場していったが、日産も「エクストレイル」「デュアリス」「ムラーノ」などを次々と生み出していく。2002年、その流れを受けて日本市場向けテラノの販売は終了を迎えることになった。一方、海外向けのパスファインダーは、引き続き日産九州工場で生産を継続した。

パスファインダーのみとなった3代目。エンジンはV6・4LのVQ40DE型を搭載。2007年からはVK56DE 型V8・5.6Lも選べた。欧州・豪州向けはスペインの「日産モトール・イベリカ」で生産。欧州市場ではYD25DDTi型 2.5Lディーゼルターボも設定していた。

テラノの販売終了から2年後の2004年。2代目の継続生産が終了し、ようやく3代目パスファインダーが登場した。日本市場向けという枷がなくなったこともあり、車体は一気に大型化。全長は30cm以上も伸びている。ダットサン・トラックの流れを汲む「フロンティア」や「エクステラ」を兄弟車に持つため、シャーシがラダーフレーム式に戻ったこと、3列・7人乗りになったこと、生産工場が従来の日産九州工場から北米へと移管したことも、小さくないトピックだった。

なお、3代目パスファインダーの型式は、初代のWD21型からR51型に変更されたが、1999年に登場のダットサン・トラック(北米名フロンティア)をベースとしたSUVの初代「エクステラ」はWD22型を名乗り、「型式的な系譜」を継いでいる。

こちらが初代エクステラ(WD22型)。D21型ダットサントラックを元にWD21型テラノ/パスファインダーが生まれたことを考えると、フロンティア(=D22型ダットサン・トラック)をベースとした初代エクステラこそ、正当なテラノ/パスファインダーの後継といえなくもない。

・FFベースになった4代目&5代目パスファインダー(R52型・R53型)

初代から続いたRVの流れを汲む無骨な印象から一変、4代目パスファインダーは流麗な雰囲気に。プラットフォームもFFベースに大転換した。

パスファインダーの4代目は、2012年からリリースを開始。オンロードの快適性を重視しつつ、RV的なワイルドさを持っていたパスファインダーも、4代目ではついにFFベースのSUVに大転換。スラントしたノーズ、ステーションワゴンの背を高くしたような外観は、従来モデルとの違いを明確にする。デビュー時はV6・3.5LのVQ35DE型のみだったが、2013年にはQR25DE型を用いたハイブリッド版を追加した。

2017年のマイナーチェンジでは、フロントマスクを大きく変更し、Vモーショングリルをビルトインした。4代目パスファインダーは正規輸入されていないが、「インパル」から購入することが可能だ。

そしてこちらが、2022年モデルとして2021年2月に発表された5代目パスファインダー(R53型)。初代をイメージさせるスクエアなデザインとなった。

【知られざるテラノ&パスファインダー編】
・日産・ミストラル=テラノII(R20型)

さて、この章からは「テラノ/パスファインダーの名がつくものの、本流に属しないモデルたち」の出番だ。

まずはスペイン(日産モトール・イベリカ)で生産されていた、フレーム付きの本格派4WD「テラノII」である。日本でも「ミストラル」として販売していたことがあるが、ミストラル/テラノII の「その後」を日本で知る人は多くないだろう。日本での販売を終えた後、テラノIIは幾度かの改良を受け、私たちが知るミストラルとはまったく違うマスクを得て2007年まで売られていたのだった。

1999年に日本でのミストラル販売が終わった後も、「テラノII」は2007年まで欧州での販売を続けていた。写真は最終モデルで、これがあのミストラルだったとはにわかに信じがたい。

ミストラルってどんなだったかしら……ということで、こちらがミストラル。I・DE・Aによるモダンなデザインが印象的だ。1997年には顔を大整形して、右側のような丸目4灯になったが、この修正マスク、正直言うと筆者も忘れていた……(汗)。

・日産・パスファインダー・アルマーダ(TA60型)

北米日産の最高峰SUVが「アルマーダ」。現在は2015年登場の2代目(Y62型)を販売する。初代の登場は2003年で、デビュー時はパスファインダーの派生的車種とも取れる、「パスファインダー・アルマーダ」という名称だった。余談だが、2代目アルマーダは、現行型「サファリ(Y62型/輸出名:パトロール)」および「インフィニティ QX80(Z62型/デビュー時はQX56)」の兄弟車である。

北米日産のフルサイズSUV「アルマーダ」は、登場当初は「パスファインダー・アルマーダ」を名乗ったが、2005年になって「アルマーダ」に改名。兄弟車に「インフィニティ QX56(JA50型)」が存在する。

・えっ、「3代目テラノ」ってあるの? しかもベースは…なに!?

そして、ここからがまさにこの記事の核心。ここまで読んだ人だけが知ることができるお話である(オオゲサ)。それが、「3代目テラノ」の存在だ。

えっ? 今回の記事を見る限りでは、「テラノは2代目で終わり、3代目以降はパスファインダーだけが残った」とあるじゃないか……。そう、それは間違っていない。

というのも、3代目テラノは、テラノの名が消えて12年後の2014年に、「本家テラノ/パスファインダーにまったく関係ない」クルマとして現れたからである。しかもベースが、ルーマニアの「ダチア」が作るSUV「ダスター」なのだから、2度驚きだ。

テラノには3代目は無い……と思いきや、なんと2014年以降存在し、しかもいまだロシアで販売が行われている。この写真だけでベース車がわかったら、相当なマニアか、東欧車に詳しい人に間違いない。

ダチアは1960年代からルノー傘下にあり、「ルノー12」などの古い車種を2000年代半ばまで生産していたことで知られる。ルノーのパーツを組み合わせた小型セダン「ロガン」を2004年に発表してからは、さまざまなオリジナルモデルを輩出中だ。ダスターは日産Bプラットフォームの上に独自ボディを構築したSUVで、安価なクルマながらも日産・エクストレイルなどと同じ4WDシステム「オールモード4×4-i」が奢られている。

3代目テラノは、ダスターの前後や内装を変更して高級感を高めたモデルで、2014年にインドで製造・発売を開始。追ってロシアでも販売がスタートし、2021年3月現在、ロシア市場のみで販売を継続している。

こちらが3代目テラノの元ネタである「ダチア・ダスター」。3代目テラノと見比べると、基本的なボディはダスターそのままで、ドアやマスクを変え、ピラーをブラックアウトするだけで、ダスターの印象を大きく払拭していることがわかる。

有名なのに消えた車名が、まさかこんなカタチで生き残っているとは……まさしく「知られざるクルマ」コーナーにふさわしい(?)クルマと言えよう。

次回は、「トヨタ・ヤリス」の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞を記念して、「日本では知られざる欧州COTY受賞車たち」を記したい。どうぞお楽しみに。

この記事を書いた人

遠藤イヅル

1971年生まれ。商経系大学を卒業後カーデザイン専門学校に入学。メーカー系レース部門の会社へ就職し、デザイナーとして勤務する。その後一般企業のデザイナーやディレクターとして働き、独立してイラストレーター・ライターとなった。実用車、商用車を特に好み、クルマの歴史にも詳しい。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!