ジャガーI-PACEで充電旅、大阪→伊豆440km 高速道路の楽しみ方 EV「I-PACE」で行く「早春、大人の充電旅。第9回」

2020/04/03 12:00

ジャガーのEV、I-PACEで鹿児島から東京まで1,800km、桜前線を追いかけながら5日間かけて行う充電旅。4日目の朝は、「ザ・リッツ・カールトン大阪」で迎えた。昨晩は近くの繁華街・福島で深夜まで飲んでいたが、I-PACEの充電が気になり、朝6:00に自然と目覚めてしまった。というのも、今日は大阪から静岡県伊東市まで440kmと、この5日間で一番の距離を移動しなくてはならないが、I-PACEはバッテリーが14%、航続可能距離は63km分しか残っていなかったからだ。

無料で時間制限なしの神様的なEV充電スタンド発見!
ホテルで朝食をとりながら余裕の急速充電

早朝からEV充電スタンド検索アプリで、周囲の充電スタンドを検索。すると「タイムズ24 桜橋駐車場」のCHAdeMO急速充電器(50kW)がひっかかった。広島の夜、航続可能距離10%から満充電になるまで急速充電器で4回連続充電したが、同じことを今朝も繰り返して満充電にしておかないと、残量を気にしながらのハラハラ旅になってしまう。「出発は満充電で!」これは充電旅で欠かせないことだと、今回の旅で学習した。

充電スタンドのある桜橋駐車場までは、宿からクルマで5分。さっそく訪れると、場所は新地の大通りの真ん中からアクセスする地下駐車場であった。ゲートを超えて進んでいくと、一番奥に黄色い充電スタンドを発見。さっそくカードをタッチして充電を開始しようとするがカードは不要で、そのままスタートボタンを押せばよいとのこと。「また30分後に来なきゃだめか」と思っていると、なんと充電時間の表示が残り2時間と出ている。ここの急速充電スタンドは30分の時間制限がなく、満充電まで連続充電ができるタイプだったのである。しかもカードが不要で完全無料! なんと素晴らしい! これなら一旦ホテルの部屋で寛ぎ、朝食をとりつつ充電完了まで優雅な朝のひとときを過ごせる。充電器の黄色がまるで黄金、神様のように見えてきた。

充電開始は6時45分。カメラマンと朝8時に朝食の約束をしていたのだが、ちょうど朝食が終わるころに充電も完了するはずだ。まだ8時までは時間があるので、朝の大阪を散歩することにした。充電旅は一日中クルマで移動するため、自ら歩かないと運動不足に陥ってしまう。昨晩飲み明かした福島周辺を散歩してみると、夜とは違った風景が広がる。福島駅には大黒天の壁画アートが描かれ、ダウンタウン松本さんの大きなポスターとあわせて、なんとも大阪っぽい。

ジャガーのアプリ「JAGUAR REMOTE」でバッテリー容量を確認しながら、のんびりザ ・リッツ・カールトン大阪で朝食というのは、まさに今回の旅のテーマである「大人の充電旅」である。しかも充電場所が桜橋ということで、キーワードの桜にもかかっているではないか!

満開の桃の花、大阪城とI-PACEを撮影し
目指すは440km先のリゾートホテル

朝食をとって満充電のI-PACEを引き取り、ホテルチェックアウトが9時半。大阪城付近で桜が咲いていないか市内をドライブすることにした。大阪城、桜、I-PACEの3つを1つのフレームに収めることができれば最高なのだが、桜はまだ開花していない。だが、その近くになんとも鮮やかな桃の花が満開となっていた。ピンク色の花が通りかかる人の足を止め、それぞれがスマホで撮影をしている。I-PACEとも無事記念撮影をし、いよいよ次の440km先の目的地であり宿泊先の「星野リゾート 界 アンジン」に向かう。

文:隂山惣一/写真:近藤浩之

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!