【比較試乗】「ランドローバー・ディスカバリースポーツ vs メルセデス・ベンツGLB」ファミリーユースにもぴったり。いま選ぶべき3列シートSUVは?

萩原秀輝
AUTHOR

3列シートというと真っ先に思い浮かぶのはミニバンだ。その一方で、最近注目されているのは多人数が乗れる3列シートSUV。走りやデザインを諦めたくない、でも家族や友人とドライブを楽しみたい!話題の2モデルを集めて、使い勝手や居住性を比較してみた。

SUVの用途を拡大する3列シートに注目したい

メルセデス・ベンツが3列シートを備えるブランニューモデルのGLBを投入したことで、CセグメントのSUVに新たな価値が加わった。7人乗りが可能なプレミアム系の輸入車は、ランドローバーのディスカバリースポーツ(オプション)だけだったからだ。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d/ファミリーSUVの主役になれる実力アリ。ボディ全幅は1835mmと大きすぎない割りに、広がり感のあるインパネ回りのデザインによりスペースの余裕が演出される。3列シートの身長制限は168cmだが平均的な体格の人が揃えば7名乗車も可能。3列シートを倒すと荷物スペースは500Lと十分だ。

ただ、フル7シーターとはいえない。GLBは大柄に見えるものの、DセグメントのSUVと比べればコンパクトだ。そのため、3列シートは身長169cm以下の乗員に制限されている。男性としては大柄なリポーターが試しに乗り込んだところ、ひざ回りのスペースはギリギリで確保できるが頭上スペースはゼロ以下だった。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

このあたりのパッケージは、ディスカバリースポーツも同じだ。強引に乗り込むことはできるが、3列シートの姿勢は体育座りになってしまう。その一方で、3列シートを床に収納すれば広大に荷物スペースが確保される。2列シートのひざ回にも、スペースの十分な余裕を得ている。GLBの使い勝手にも大きな違いはない。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

いずれにしろ、日常はファミリーユースに打ってつけのSUVといえる。さらに、お子さんの友達が3列シートに乗る。あるいは、お子さんが3列シートに、祖父母が2列シートに座るなど用途の拡大は見逃せない魅力となる。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

走りはどうだろうか、今回の試乗車は両モデルともに2Lの直列4気筒ディーゼルターボを搭載する。GLBは、最大トルク320Nmを発揮。ディーゼルとしては控えめなスペックながら、市街地での性能に不満はない。アクセルを少し踏みぎみにするか走行モードがスポーツなら2000rpm台に乗せやすく、力強さの余裕が確かめられる。だが、際限なくあふれ出すようなトルクは期待できない。駆動方式がFFなので、刺激をともなうほどの強大なトルクは受け入れ難いのだろう。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

高速道路では、8速100km/hで1500rpmとなる。速やかな追い越しをかける場面では、やはりアクセルを踏みぎみにする必要があり8速のままというわけにはいかず。アクセルをさらに踏み込むと、スムーズに4500rpmまで吹け上がるが加速が勢いづく実感はない。とはいうものの、GLBで走りの刺激を期待するなら最高出力224psを発揮する2Lの直列4気筒ガソリンターボを積む250 4マチック・スポーツが用意されている。

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

MERCEDES-BENZ GLB200d

フォト=小林俊樹/T.Kobayashi ルボラン2020年12月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!