【嶋田智之の月刊イタフラ】500eのラインナップに“トレピウーノ”加わる

嶋田智之
AUTHOR
2020/12/02 10:00

EV版フィアット500のボディは、当初はハッチバックとオープントップの2種類でした。が、新たに“3+1”が加わりました。「3」は左右ドアとハッチで、「1」は助手席側に設けられた観音開きドアのこと。3+1はイタリア語で「トレ・ピウ・ウーノ」。 2005年に発表された現行チンクのコンセプト、「トレピウーノ」の語源でもあるのです。これって何だか嬉しいでしょ? EVチンクは日本導入計画がある様子。楽しみですよねー。

ルボラン2021年1月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!