【比較試乗】「ポルシェ 718 ケイマン vs トヨタ GR スープラ vs BMW Z4 vs アルピーヌA110 vs ポルシェ 718 ボクスター」ベンチマークとしての718

AUTHOR
2019/10/01 11:00

2シータースポーツカーの雄、718ボクスター/ケイマン。曲がる・止まるのクルマの基本性能から、ドライブフィールを昂らせる味付けまで高い完成度を誇り、このカテゴリーのメートル原器とも言えるモデルだ。ここでは、718をベンチマークにしたであろう旬なライバルを集め、各モデルの個性を浮き彫りにした。

絶対的完成度から指標となる“718”

ひと昔前に比べると911はパフォーマンスも価格も上級移行してしまった。それよりも手の内に収まってくれそうな718ケイマン/ボクスターが気になっている人は多いことだろう。車両価格は600万円台からで、オプションでまあまあ贅沢してもおよそ1000万円に収まる。実はこのほどよい価格帯のスポーツカーは、プリミティブなモデル以外にそう多くはなく、しばらくライバル不在が続いていたが、ここにきて気になるモデルが続々と登場してきた。昨年にはアルピーヌA110、今年に入ってトヨタGRスープラ、BMW Z4がデビュー。駆動方式や重量、サイズなどはそれぞれ異なるが、700-800万円の価格帯でスポーツカーを狙うならば大いに悩むことになりそうだ。

718ケイマンのシャシー性能は文句ナシで素晴らしい。

おそらく、どのモデルも718ケイマン/ボクスターをベンチマークにしているだろう。ガチンコのライバルとして超えようとしてはいなくても、走りに定評のある718ケイマン/ボクスターをひとつの指標、モノサシとして見立てて性能を見極め、その上でそれぞれの目指す方向に向かっていっているはず。ちなみにアルピーヌA110は718ケイマン/ボクスターをライバルではないとしているが、開発テスト時には操縦安定性や俊敏性などそれぞれの性能が718ケイマン/ボクスターに対してどれぐらい違うのか、ということはチェックされていた。

2シータースポーツの絶対基準としての高い完成度を誇るポルシェ718ケイマン/ボクスター。公に発表しなくとも、718はスポーツカーを作る上で欠かせないモノサシだ

フォト=山本佳吾/K.Yamamoto ル・ボラン2019年10月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧