【海外試乗】「メルセデス・ベンツEQC 400 4MATIC」“EQ”ブランド初の市販EV登場!

2019/05/31 14:00

EQブランド初の市販EVが満を持して本格始動

2016年のジェネレーションEQコンセプト公開から2年。「EQ」ブランドとして初の市販EV「EQC」の海外試乗会がノルウェーのオスロで開催された。今後のメルセデスの電動化戦略を占う先鋒の気になる第一報をお届けしよう。

センターコンソールを運転席側へ向けるなど、ドライバーオリエンテッドなデザインも垣間見える。エアコンの吹き出し口にあしらわれた赤銅色は、モーターのコイルをイメージしたものらしい。

2016年のパリ・サロンでお披露目となったメルセデス・ベンツの新しいブランド“EQ”は「エレクトリック・インテリジェンス」を意味し、EQブランド初の量産車がEQCとなる。同時にこれはメルセデ初の量産型BEVでもある。メルセデスではPHEVを“EQパワー”、BSG仕様やISG仕様を“EQブースト”とそれぞれ呼んでいるが、電動化されたモデルにはなんらかの形で“EQ”という名称を使うことで、電動化に対する積極的な取り組みをアピールする狙いがあるようだ。

メルセデス初のBEVだから、プラットフォームから専用のものを仕立ててくると思っていた。ところがボディスペックや試乗会会場に置いてあったベアシャシーをよく観察してみると、基本的にはGLCと共有していることが分かった。2873mmのホイールベースは欧州仕様の値だが、GLCの欧州仕様もまったく同じ数値で、フロントが4リンク、リアがマルチリンクのサスペンション形式も同一。しかし決定的に違うのは、リアのみに空気ばねを使っている点。2トンを超える車重でもクルマの挙動をきちんとコントロールするために、部分的に専用の設計が必要だったという。ちなみにダンパーは電子制御式ではなく、AMGラインを選んでも、サスペンション設定に変更はない。

リポート:渡辺慎太郎/S.Watanabe フォト:メルセデス・ベンツ日本/Mercedes-Benz JAPAN ル・ボラン2019年7月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧