【試乗インプレ】キャデラックの最新モデルにイッキ乗り!

その一方で、同じキャデラックでもATS-Vはハイパフォーマンス系欧州車と真っ向勝負ができるモデルだ。エンジンは、3.6リッターのV型6気筒ツインターボをフロントミッドに搭載し、8速ATを組み合わせている。もろに、メルセデスAMGのC63やBMWのM3のライバルとなるのだ。

ATS-V
3.6L V6ツインターボエンジンで470ps/603Nmと、極めて刺激的なスペックを誇る。日本仕様には、「SPEC- A(受注生産)」と「SPEC-B」というふたつのグレードが設定されているが、試乗したモデルは後者。SPEC-Aは9,900,000円、SPEC-Bが10,900,000円。

アクセルを踏み込むと、2000rpmを超えたあたりから強大なトルクが炸裂。フラットなトルク特性を狙わず、3500rpmでピークの603Nmに達するからだ。それを超えてからは回転数でパワーを稼ぎ出し、470psを発揮する5850rpm以上でもパワーの頭打ち感がない。グワーンという大迫力のエンジン音を響かせながら、レブリミットの6500pmまでブン回せる。

サスペンションには、磁性流体減衰力制御システムを組み合わせている。場面と操作に応じてダンパーの減衰力を4本独立で瞬時に連続可変制御するだけに、ステアリングを切り込むとダイレクトにノーズが向きを変える。それに、コーナリング中のロールをビシッとは抑えずサスペンションが滑らかにストロークする実感があるのに、ボディはムダに動かない。

ATS-V

ATS-Vの走りは、ハイパフォーマンス系としてホンモノだ。なのに、ライバルと比べると価格設定はかなり控えめ。XT5も同様なだけに、キャデラックの魅力としてお買い得感も見逃せない。

リポート:萩原秀樹/フォト:小林俊樹/ル・ボラン 2018年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧