【スクープ】商用車も電動化が加速! VWグループの「MQB」プラットフォームを採用した初の商用バン、『キャディ』のPHEVモデルを初スクープ!

2022/06/21 14:00

1.5L TSIユニットにモーターを追加

VWの商用バン『キャディ』に設定されるプラグインハイブリッドバージョン開発車両をカメラが初めて捉えた。

第4世代となる現行型キャディは2020年11月から欧州で販売されており、市販型ではVWグループの「MQB」プラットフォームをベースにした最初の商用バンとなった。現在4つの内燃機関エンジンが提供されているが、新たにプラグインハイブリッドが加わる。

今回は通常ホイールベースとロングホイールベースバージョンのプロトタイプをキャッチ、ほぼヌード状態のエクステリアは、ICEバージョンと大きな変わりはないようだが、フロント左フェンダーに充電ポートが確認できる。開発段階のため少し奇妙に見えるが、最終的にはきちんとサイドパネルに統合されるはずだ。後部ハッチには、テープで固定されたワイヤーもあるが、これは新しい電動パワートレインと関係はないだろう。

開発初期段階では、キャディPHEVがゴルフPHEVと同じ1.4LTSIガソリンターボエンジンと、電気モーターを組み合わせたパワートレインを受け取るという憶測があった。しかし、最新情報では、より大きな1.5L TSI燃焼エンジンを備えたシステムを搭載している可能性があるという。現段階で何も確認されていないが、このパワートレインは、エンジンとトランスミッションの間に電気モーターが配置されている可能性が高いと考えられている。6速デュアルクラッチギアボックスと組み合わされ、リチウムイオンバッテリーパックは最大31〜37マイル(50〜60km)のEV走行が期待できそうだ。

キャディPHEVのワールドプレミアは2022年後半と思われ、2023年第1四半期に販売が開始されると予想される。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧