FUN! II GOLF この素晴らしいVWゴルフIIをもう一度 Part.1【VW GOLF FAN Vol.10】

2021/01/12 10:00

※この記事は2006年12月に発売された「VW GOLF FAN Vol.10」から転載されたものです。

そろそろヴィンテージ的に、“ライト旧車”感覚で捉えられつつあるII。この“リフレッシュ大作戦”は、そんなクルマを今後とも日常的に使い、楽しんで行くにはどうしたらいいかを考察するページだ。前回の関東編に続くこの関西編は、IIに造詣の深い関西の3工場の、それぞれの考え方に基づいたリフレッシュ方法を紹介していく。今回、メインとなる車種は、未だ高い人気を持つGTIである。

Part.1 超レアモデルをオリジナルに!
’92 GOLF GTI FIRE & ICE by EURO MAGIC

ゴルフIIは長い期間販売されたこともあって、いくつもの限定モデルが存在する。その限定販売台数は様々だが、最も少なかったと思われるのがここに登場のFIRE & ICE。こういうクルマは可能な限りオリジナル状態に戻し、長く保存していく必要がある!

 

世界で60台、日本で20台の限定モデル

ユーロマジックは、一般的にいえば、中古車ディーラーということになるが、業務内容はそれに留まらない。確かに、伊丹空港近くにある同社では、常に数台のゴルフIIやIIIが展示されている。しかし、代表の廣岡さんはむしろ、ゴルフの整備やメンテナンス、ドレスアップはもちろん、必要とあればレーシングサービスと、要望に応じて様々なアクションを起こせる幅広さを、店の特色として打ち出そうとしているようなのだ。

これが手をつける前の状態。ボディの左側には、スリ傷、凹みがみられ、フロントのリップスポイラーはボディ同色。が、ともあれ、ファイヤー&アイス独自のバッジやステッカーはちゃんと残っていた。

走行距離が25万kmをオーバーしているにもかかわらず、こまめにメンテナンスされてきたのか、エンジンの状態はそう悪くなかった。

「早い話、なんでも屋ですワ」
と、廣岡さんは笑うものの、その持てるセンスを十分に発揮したクルマ造りは、すでに関西のゴルフ好きにはよく知られている。本誌の第8号で紹介したゴルフIIは、ユーロマジックが提唱するニュー・ゴルフII計画に基づいたもので、そのネオクラシカル・コンセプトは関係各方面の注目を浴びた。そのゴルフIIは、ユーロマジックのセレクトショップという一面を如実に表したもので、ほかにはない、魅力的な佇まいを持っていたのである。

(左)タイヤ&ホイールは15インチに変更され、サスペンションは、ご覧のようにKW製の車高調だった。(右)復活させることを決めて、そのための点検をする廣岡さん。ご自身がかなりのゴルフエンスージャストであり、稀少モデルへの思いは熱い。

今回、このリフレッシュ大作戦に登場するクルマは、その廣岡さんが個人的に長くキープしていたもので、25万kmも走ってしまっている。にもかかわらず執着した理由は、このクルマが世界的にも非常に販売台数の少ない限定モデルであったからだ。世界で60台、日本では20台しか発売されなかったというモデルで、その20台も何台が残っているかは分からず、きわめてレアなクルマであることは明らか。自らがエンスージャストである廣岡さんとしては、いつかは復活させようと思いつつ、機(気)が熟すのを待っていた、というところなのだろう。

ショックアブソ-バーは、オリジナルとほぼ同じ減衰力といわれるビルシュタインの“ブラックショック”をセレクトしている。

スプリングは、GTIオリジナルに戻すこととし、これにあわせて、バンプラバー&ブーツ、アッパーマウントなどを用意したという。

「もうあきません。やりますワ。誰のためでもありません。自分の趣味いうか、心の平和のためですワ。なんせ、ちゃんと復活したところを見てみたいんです」
9月に聞いた言葉である。

フロントのストラットを組み立てる。オリジナルに戻した理由は、走行距離も考慮、ボディに負担をかけないためという

VW GOLF FAN Vol.10から転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!