【プロトタイプ試乗】「ホンダ・フィット」全方位的に進化したホンダの意欲作!

下江 優太
AUTHOR
2020/01/16 11:00

新型フィットの試乗会が北海道の旭川市郊外にあるホンダのテストコース「鷹栖プルービンググラウンド」で開催された。この4代目フィットの発売は2020年2月としばらく先となるが、まずはプロトタイプの印象をお届けしよう。

新型は2モーター方式の「e:HEV」を搭載

新型フィットは2001年に登場した初代から数えて4代目となるモデル。この新型は、グローバルで通用する新しい時代のコンパクトカーのスタンダードを目指して開発されたという。

新型の仕様は写真の「ホーム」以外に「ベーシック」「ネス」「リュクス」「クロスター」の5タイプを用意。ボディサイズは全長3995mm(クロススター除く)、全高は従来から10mmダウンしている。

従来型フィットのハイブリッドシステムは、構造がシンプルな1モーター方式に7速DCTを組み合わせていた。だが新型のハイブリッド車は、インサイトやオデッセイなどに搭載される2モーター式の「スポーツハイブリッドi-MMD」を小型化してコンパクトカーに初搭載し、電気式CVTを組み合わせる。ちなみに名称は「i-MMD」から「e:HEV(イーエイチイーブイ)」に変更された。

新型フィットはアイドリングストップ状態から走行用モーターで発進。高負荷時には1.5Lエンジンにより発電用モーターを駆動し、その電力を走行用モーターに供給する。さらに高速巡航時などにはエンジンのみの駆動となる。
実際に、テストコースの走行時では、そのつながりはスムーズであり排気量からは想像がつかない頼もしさで加速する。

さらに、中間加速が驚くほど鋭いのだ。なおかつ、エンジンの吹け上がりがスムーズでありガサつきなどのノイズも抑えられている。そのため、ベーシックカーではなく欧州車ならCセグメントに属すクルマに乗っているような上質さが印象に残った。

パワートレインは2種類で、ハイブリッドモデルは1.5L直4エンジンに2モーターを内蔵する電気式CVTを組み合わせる。ガソリンモデルは1.3L直4エンジン+CVT。ボディは超高張力鋼板率を従来の10%から17%に引き上げ、ボディ重量は4.5kg軽量化しているという。

フォト=小林俊樹/T.Kobayashi ル・ボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!