日本向けは30台! 世界限定750台の「BMW Ⅿ4エディション・ヘリテージ」が発売開始

H.Tanaka
AUTHOR
2020/01/16 10:00

ベースは「Ⅿ4コンペティション」で鮮烈な3色のボディカラーを用意

ビー・エム・ダブリューは「BMW M4コンペティション」をベースに、よりMモデルらしさを際立たせる専用装備を多数採用した特別限定車「BMW M4エディション・ヘリテージ」を発売した。日本国内向けの販売は30台限定で、消費税込みの車両本体価格は15,450,000円だ。

この世界限定750台のエクスクルーシブなⅯ4は、モータースポーツを彷彿とさせドライバーを掻き立てるような専用装備を多数採用している。外装色は、アメリカのカリフォルニア州モントレーにあるラグナ・セカ・サーキットをイメージした「ラグナ・セカ・ブルー」、より深みがありビロード生地のような洗練された光沢感をイメージした「ベルベット・ブルー」、イタリアのイモラ市にあるイモラ・サーキットをイメージした「イモラ・レッド」の3色をラインアップ。内装には、各外装色に合わせてコーディネートされたメリノ・レザーを組み合わせる。

日本で販売されるボディカラー別の内訳は「ラグナ・セカ・ブルー」が15台、「ベルベット・ブルー」が10台、そして「イモラ・レッド」が5台になるという。

「ラグナ・セカ・ブルー」には、光沢感がありグレーがかったホワイト「シルバー・ストーン」とブラックのツートン・カラーに、ターコイズのステッチが施されたシートを、「ベルベット・ブルー」は同じくシルバー・ストーンとブラックのツートン・カラーに、オレンジ・バイカラー・ステッチが施されたシートを採用している。

また、「イモラ・レッド」は、レッドとブラックのカラーに、イエロー・バイカラー・ステッチを採用することで挑発的で目を引くシート・デザインとなっている。

それぞれに共通する特別装備は、専用色となるオービット・グレーに塗装され引き締まった足回りを演出する20インチ「Mライト・アロイ・スポーク・スタイル666M」やMモデルを象徴する3色のストライプが直接織り込まれた専用Mストライプ入りカーボンルーフおよびカーボン・インテリア。さらに、「M Heritage」のロゴが浮かび上がるロゴ&イルミネーションがインテリアやドアシルに採用、随所に限定モデルらしいエクスクルーシブな演出が施されている。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!