【国内試乗】「ホンダ・ヴェゼル・モデューロX」こだわりのコンプリートカー「モデューロX」がヴェゼルにも!

小野泰治
AUTHOR
2020/01/14 07:00

2012年のNボックス以降、着々と勢力を拡大してきたホンダ純正のコンプリートカー、「モデューロX」に第6弾としてヴェゼルが加わった。その内容は歴代モデルと同じく、こだわりの仕立てが持ち味だ。

走りへのこだわりはモデューロXならでは

モデューロXは、ホンダ車を知り尽くすエンジニアが走りにこだわって仕上げる純正コンプリートカー。その支持は、実際に販売店で実力を体感したユーザーを中心とした“ボトムアップ”で着実に拡がっているそうだが、最新作となるヴェゼルも積極的に走りが愉しめる出来映えだった。

フロント同様、リアもバンパーやガーニッシュ、エンブレムでさりげなく独自性を主張。ボディカラーは4色をラインナップ。

外観は、専用の前後バンパーやフロントグリルなどでさりげなく独自性を主張。従来のモデューロXと同様、バンパーは単なるオプティカルチューンの産物ではなくエアフローを入念にセッティング。スタビリティと旋回性能を高める、歴とした機能パーツに仕上げられている。また、足回りは北海道にあるホンダの鷹栖テストコースをはじめ各所で煮詰められたもの。今回のヴェゼルではモデューロX初となる4WD仕様も用意されるが、駆動方式やエンジンの仕様によって味付けはそれぞれで最適化されている。最適化という点では、FFと4WDで専用品を使い分けるホイールも入力が入った際の特性まで吟味。タイヤもそれに合わせて銘柄は“決め打ち”というこだわりぶりだ。

インテリアでは、シリーズ初という専用スポーツシートを前席に採用。形状やクッションの特性が最適化されている。表皮も前後ともにモデューロX専用となる。

一方、インテリア回りではついに前席にモデューロXシリーズでは初という専用スポーツシートを採用。その仕立ては、こだわりのシャシーに合わせて、これもまた最適化されているという。

フロントはヘッドライトを除き、すべてが専用デザイン。前後バンパーは本格的な空力パーツとして機能する。

今回はハイブリッドの4WDとガソリンターボの2車に試乗したが、ハンドリングはまさに期待値通り。ステアリング操作に対する正確な反応やSUVとして適度にシャープな旋回感覚は、この種のモデルでも走りを愉しみたい人にピッタリといえる出来映えだ。

足回りに合わせて最適化されたホイールは4WDが17インチ(左)、FFは18インチを組み合わせる。

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ルボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧