【国内試乗】「アウディ A1スポーツバック」生まれ変わったエントリーモデル

AUTHOR
2020/01/13 12:00

2代目へとフルモデルチェンジした、新型A1スポーツバックが上陸した。コンパクトなボディに、先進的で力強いデザイン、上級モデル譲りのインフォテインメントシステムや先進運転支援システム、高い品質など、アウディラインナップに共通する魅力を凝縮したモデルに仕上がっている。

これが最新の小さな高級車

2代目になるA1の新型はスポーツバック(5ドア)である。9年前の初代モデル登場時は、フィアット500とMINIの市場に斬り込む3ドアがイメージリーダーに見えたが、新型はスポーツバック押し。今のところ3ドアの生産は予定されていないらしい。先代の国内販売も、5ドアが約8割を占めていたという。

ボディカラーはアウディ初となるティオマングリーン及びパイソンイエローメタリックなど10色のバリエーションを用意。ルーフカラーは、ボディ同色またはミトスブラックメタ リックのコントラストルーフもオプションで選択可能だ。

現行ポロと同じMQBプラットフォームに刷新された新型スポーツバックは、ホイールベースを旧型より95mm延ばし、全長は+55mmで4005mmになった。全長4mを超すと一部のカーフェリーで料金が変わったりするが、フルチェンジでもこの程度の大型化にとどめたのは、コンパクトカーユーザーフレンドリーだろう。

先代の1.4Lに代わる新開発の1.5L直4エンジンは、最高出力150ps/最大トルク250Nmを発揮。気筒休止システムのシリンダーオンデマンドによって省燃費と高効率を実現。

側面のフォルムはポロとそれほど変わらなく見えるが、コントラストルーフの塗り分けが入ると途端にアウディっぽくなる。シングルフレームの顔は、先代より精悍になった。ボンネット先端裏の3分割スリットは、なんと1984年のスポーツクワトロのオマージュだという。ミシェル・ムートンの男勝りドライブで知られたグループBラリーマシンのホモロゲーションモデルである。細かすぎて伝わりにくいけど。

コンパクトクラスで最もスポーティなインテリアを目標としてデザインされたという室内は、コクピットという言葉がふさわしいドライ バーオリエンテッドな空間を生み出す。

フォト=柳田由人/Y.Yanagida ルボラン2020年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!