【海外試乗】M史上初のミドルSUVクラス「BMW X3 M/X4 M」新開発ストレート6でライバル勢を猛追撃!

AUTHOR
2019/09/30 13:00

M社が慎重を期して投入する高性能ミドルSAV/SACとは?

新設計「S58」ストレート6を投入したミドルクラスSAV/SACが満を持して登場。日本上陸は9月以降となるが、その気になる乗り味を国際試乗会から報告しよう。

BMWのミドルSAVおよびSACであるX3とX4に、初の「M」モデルが登場。今回はさらに、そのハイエンドモデルとなるMコンペティションを、ひと足早く北米ニュージャージー州近郊のオープンロードと、クローズドコース「モンティセロ・モーターパーク」で試すことができた。

アメリカ・ニュージャージー州のハイウェイと一般公道、クローズドコースでは、高出力版「コンペティション」がテストに供された。

BMWフリークからしてみれば、遅すぎる登場か? ご存じの通りX5ではすでに2007年からMモデルがラインアップされており、それに準じてX6 Mも名を連ねた。しかしX3とX4にはそれぞれにM40dとM40iといった「Mパフォーマンス系」が存在するのみだったのだから。
しかしこの姿勢こそが、BMWの慎重さと、走りに対する愚直さを表しているとも考えられる。試乗当日のブリーフィングでは、M社バイスプレジデントのペーター・クイントゥス氏が「2020年までに10万台と掲げたMパフォーマンス系SAV/SACモデルの販売目標は、早くも2018年の段階で達成された」と熱く語った。
もちろんX3/X4 Mの開発は、こうした好調ぶりに先んじて計画されていただろう。しかしクイントゥス氏の口ぶりからして現状の勢いこそがその必要性を確信させたのだとすれば、それだけBMW M社は、慎重にX3/X4 Mのタイミングを推し量っていたと言えるのかもしれない。

軽量化と摩擦低減が図られた新開発3ℓ直6直噴ユニット。3気筒ごとに過給器を備え、最高出力480(510)psと600Nmを発生。8速スポーツATとFRベースの4WDシステム、電制多板クラッチ式LSDを搭載する。

ではそのX3/X4 Mが、どのような走りをわれわれにもたらすのか? M3やM4を押しのけてまで、これを手に入れる価値はあるのか? 今回はこうした点にフォーカスしてインプレッションしよう。
オーソドックスSUVスタイルのX3 Mは、まずその乗り味がずばり“M”を感じさせる一台だ。いわばイメージ通りのガッシリ具合には少し呆れ、細かい振幅による横揺れには、思わず笑いがこぼれた。その足まわりはスプリングレートが一段と高められており、たとえ「COMFORT」モードであっても、そこに生ぬるさはない。
ただこれは、Mモデルとしての性能を誇示するためだけの硬さではない。むしろ510psにまで高められたエンジン出力を、このディメンジョンで安全に支えるためM社が必要だと判断した硬さなのだ。

エキゾーストエンドがディフューザーの左右にデュアルで配され、ドアミラーもM専用デザイン。X4 MはトランクリッドにX3 Mはルーフにスポイラーを装備。ブレーキシステムはブルーのキャリパーとドリルドディスクだ。

詳しくは後述するが、より低くワイドなディメンジョンを持つX4 Mコンペティションの方が、その重心の低さからであろう、しなやかな足まわりが与えられていたからだ。また日常での快適性を優先するのであれば、今回は用意されていなかった通常のX3 M(480ps)を選ぶ方がよいのかもしれない。そう、これはあくまで“コンペティション”なのである。
そして、やはり特筆すべきはやはりエンジンだ。伝統のストレート6はここに来て「S55」型から「S58」型へと進化。その最高出力は510ps/6250rpm、最大トルクは600Nm/2600−5950rpmへと向上した。スタンダードなMとの出力差は、ECU制御と排気系で達成されているという。

リポート:山田弘樹/K.Yamada フォト:BMW AG 聞き手:木村好宏/Y.Kimura BMW COMPLETE 2019 vol.72より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧