マツダCX-8とプジョー5008対決は、装着タイヤのウェット性能が結果に影響を及ぼした【清水和夫のDST】#92-3/4

2019/06/19 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number92 SEASON.10:日本を代表するディーゼルSUVが先人たるヨーロッパの雄に挑む

プジョー5008 GT ブルーHdi vs マツダCX-8 XD 2WD Lパッケージ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

プジョー 5008 GT BlueHDi vs マツダ CX-8 XD 2WD L パッケージ(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

MAZDA CX-8 XD 2WD L PACKAGE

CX-5とCX-8用が採用するトーヨー・プロクセスR46は、専用開発されただけあって、マツダのSUVの走りによくマッチしている。ウェットの旋回制動は優秀だったが、プロクセスの貢献度が大きい。

 

PEUGEOT 5008 GT Blue Hdi

オールシーズンタイヤのため、ウェットグリップに少し不満が残ってしまった。わずかな雪でも走破できるのがコンチ・クロス・コンタクトの武器だが、今回のテストステージでは本領を発揮できなかった。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧