マツダ CX-5はABS制御とタイヤのウェット性能を見事に両立! 一方のプジョー 3008は素晴らしいサスだけにやや残念な面も【清水和夫のDST】#87-3/4

2019/05/09 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number87(SEASON.9):欧州車レベルに到達した日本代表をプジョーの個性派SUVが迎え撃つ

プジョー・3008 GT Blue HDI vs マツダ・CX-5 XD Lパッケージ 2WD/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

マツダ CX-5 XD L パッケージ 2WD VS プジョー 3008 GT BlueHDi(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

MAZDA CX-5 XD L PACKAGE 2WD

420Nmの最大トルクを考慮してか、ドライグリップを意識した、3008よりもサマータイヤに近い性能のプロクセスR46を装着(7分山)。だがオールシーズンの方がユーザーメリットはありそうだ。

PEUGEOT 3008GT Blue HDI

欧州では進化したオールシーズンタイヤの人気が高まっている。SUVに見合った性能が与えられており、今回3008が装着していたコンチネンタルのコンチクロスコンタクト(9分山)も守備範囲は広い。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年2月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧