メガーヌGT vs シビックはタイヤの状態が良ければ実力は互角といえるのか!?【清水和夫のDST】#93-3/4

2019/07/18 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)
Number93 SEASON.10:欧州育ちのニッポンを代表するハッチバックがフランスの強敵に挑む

ルノー・メガーヌGT vs ホンダ・シビック・ハッチバック/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

ホンダ シビック ハッチバック vs ルノー メガーヌ GT(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

HONDA CIVIC HATCHBACK

グッドイヤー・イーグルF1はスポーツ性が高く、シビック・ハッチバックとの相性はいい。タイヤはほぼ新品状態でウェット路でも安心してステアリングを握ることができた。ダンピングが効いた乗り味だ。

 

RENAULT MEGANE GT

タイヤの溝をチェックしていて「えっ、ウソでしょ?」と声が出てしまったほど、激しい摩耗を確認。なんとリアタイヤの溝が2mm前後だった。法規的には1.6mmのため、テストは決行したのだが……。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧