アンダー気味のトヨタ・クラウンに対し、キャラ決定に関与する制御思想の巧さでBMW 440iが優勢か?【清水和夫のDST】#95-4/4

2019/07/12 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number95(SEASON.11):ニュルで鍛えたシャシー性能を武器に強豪440iに挑んだ新型クラウン

トヨタ・クラウン 2.0 RSアドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ/Test03:ダブルレーンチェンジ

●テストの「方法」と「狙い」:80km/hでコースに進入、障害物を回避してふたたびもとのレーンに戻るテスト。シャシーの総合性能、ESC(横滑り防止装置)など挙動安定化装置の能力をみる。そして、ドライバーが安心して操作できるかどうかも評価の対象となる。パニックに陥ったドライバーでも正確に操作できなくては、クルマが優れたシャシー性能を持っていても意味がないからだ。

トヨタ クラウン 2.0 RS アドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ(ダブルレーンチェンジ編)

トヨタ クラウン 2.0 RS アドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ(ハイスピードライディング編)

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧