【BMW ALPINE xDRIVE】BMWを雪上でいかに上手に楽しく運転し、スリルと興奮を味わうか。

2018/11/21 11:30

駆けぬける歓びを雪上で堪能する!

通常のドライバー・エクスペリエンスといえば、いざという時の危険回避や、そうならないための運転方法を学び、安全なテクニックを身につけるというもの。しかし今回のイベントのテーマは、さまざまなBMWモデルを雪上でいかに上手に楽しく運転し、スリルと興奮を味わうか--。xDriveの4WDモデルのみならず、Mモデルのパフォーマンスを思い存分に体験することができた!

BMWのxDRIVEで雪原を駆けぬける

「ニュージーランドで駆けぬける歓びを堪能しませんか?」という、お誘いをいただいた。時は6月下旬。てことは南半球はま・ふ・ゆ。その名も「BMW ALPINE xDRIVE」と題されたこのイベントは、ニュージランドBMWが企画した、雪や氷の上でドリフト三昧……、いやいや、BMWモデルの4WD性能を堪能したり、Mモデルのパフォーマンスを体験するというウインター・ドライビングエクスペリエンス。

会場はニュージーランドのサウスアイランドに位置する専用テストコース。あたりは南アルプス山脈がそびえるスノーボードなどでも有名なエリアで、ここにヘリコプターで向かう。ゴージャス〜♪

ニュージランドBMWが初めて企画した「BMWALPINE xDrive」。会場までは南アルプス山脈を見渡しながらヘリコプターで移動。ちょっと感動。

まずドライビングポジションのレクチャーからはじまるのは、全世界で共通のお約束(笑)。きちんとブレーキ踏んだり、ステアリングを正確に操作するためには、きわめて重要。結果的に運転中の疲労軽減にもつながる。

インストラクター陣は、GTチャンピオンをはじめとするレーシングドライバーが務めている。M3に乗って同乗走行を体験したが、やっぱり運転はお上手(笑)

X3 xDRIVE 30i Mスポーツに乗車し、雪道の慣熟走行からスタート。気温はマイナス3.5度。ああ、ステアリングヒーターが欲しい。普段は気にならないが、こういう切実な状況になるとあらためて感じるものだ。

雪の状態はパウダースノー。4輪がガシッと路面をつかんで、アクセルを踏み込んでも滑る気配もない。しかし「谷底に落ちたら危ないです」と無線が伝えてくる。

X3のxDRIVEと呼ばれる4WDシステムは、後輪駆動(FR)をベースとしたもので、後車軸にはFR同様、プロペラシャフトで常にトルクを伝える一方、前車軸にはトランスファーに配置された電子制御多版クラッチによって走行状況に応じてオンデマンドでトルクを配分する。

氷の坂道を片側の車輪だけでグイグイ登っていく姿には、皆ホレボレ?

テストコース内に、左側だけ氷の板に乗った坂道を登るというコースが用意されていた。普通のFRRだと、氷側に乗った左側タイヤは滑って登れないが、BMWのxDRIVEなら、反対側の前後タイヤの力で登っていける。また、SUVモデルにはヒルディセントコントロール機能が搭載。これはスイッチひとつで一定の速度(8km/h)で急な坂道を下ってくれる優れモノだ。インストラクターは、ドアを開け足を車外に出せと言う。要は人間がブレーキを踏まなくても、クルマだけで安全に坂を下っていくパフォーマンスなのだが、ちょっと怖かった。

 

リポート:京谷則子(ル・ボラン編集部)/フォト:BMWジャパン/ル・ボラン 2018年12月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる