旅心をかき立てる道。絶景ドライブ100選「銚子ドーバーライン(千葉県)」

銚子ドーバーライン(No.042)
東洋のドーバーとも呼ばれる屏風ヶ浦の上を走り抜ける。

銚子の町の手前で国道126号から海寄りに分岐し、名勝・屏風ヶ浦の断崖の上を真っ直ぐに走り抜けていく道。道路からは太平洋や屏風ヶ浦は望めないが、ゆるやかにアップダウンを繰り返しながら、気持ちのいいストレートが犬吠埼に向かって延びていく。この銚子ドーバーラインを走りきったところにあるのが「地球の丸く見える丘展望館」。さらに進めば犬吠埼の灯台が見えてくる。屏風ヶ浦の全景を眺めるのなら、九十九里浜の北端に位置する飯岡刑部岬展望館の周辺がお勧め。

JRの銚子駅から延びるローカル線、銚子電鉄。鉄道ファンには人気。

 

ご当地情報

★メインカット撮影ポイント

◎正式名称/県道286号愛宕山公園線
◎区間距離/6.5km(国道126号交点-愛宕山)
◎冬季閉鎖/なし
◎撮影時期/12月上旬

アクセスガイド
都心から銚子方面に向かう時は、東関道を佐原香取ICで降り、利根川沿いを下っていくのが早道。約130kmの道のりだ。ちょっと遠回りになるが、東金有料道路を終点まで走り、九十九里浜沿いに北上するのもお勧め。

観光情報
銚子市観光協会 Tel:0479-22-1544

かつての銚子有料道路が2003年に無料開放され、県道となっている。

 

文:佐々木 節/写真:平島 格

※料金・営業時間・問合せ先などは平成27年9月時点のものですので、お出かけの際には最新情報をご確認ください。また特に表示のないものは消費税8%税込み料金で、宿泊料は原則2名1室利用時の1名分の料金です。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧