トヨタが千葉県にコロナウイルス感染者移送車両を提供

H.Tanaka
AUTHOR

ベースは「JPNタクシー」で飛沫循環を抑制するモディファイを実施

トヨタは、新型コロナウイルス感染症患者の内、軽症者移送用の車両1台を4月21日に千葉県に提供した。この車両は、千葉県からの協力要請に対し「JPNタクシー(ジャパンタクシー)」をベースにトヨタ自動車東日本・東富士総合センターが開発・架装を行なったもの。

トヨタならびにトヨタグループ各社は、「安全・安心を最優先に現場で戦っている方々、苦しんでいる方々の気持ちに寄り添いながら、私たちにできることを即断、即決、即実行していく」との方針に基づき、現在社会的な最優先課題となっている感染拡大の抑制や医療現場の支援に向け、さまざまな側面から対策を検討、迅速に取り組んでいる。

現在、各地では軽症患者を療養施設などへ移送することによって病床を確保。医療崩壊を防ぐための取り組みが始まっているが、トヨタでは軽症の患者を安全に運べる車両、ドライバーの感染防止が課題であるとの認識から医療現場で役立つ車両の提供を検討していた。

今回、提供するJPNタクシーをベースとした車両は、運転席・助手席のある車両前方スペースと後部座席以降の車両後方スペースの間に隔壁を設置。前方を陽圧、後方を陰圧とすることによって後方の空気が前方に循環しないようにコントロールした「飛沫循環抑制車両」だ。すでに、東京都内の病院などにも同様の対策を施した車両5台が提供。軽症患者の移送に活用されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!