幾重にもひだを重ねる上総丘陵の幻想的な雲海(千葉県 九十九谷展望公園)【雲海ドライブ&スポット Spot 32】

2019/12/30 18:00

千葉県の眺望百景にも登録される眺望と雲海のコラボ

高宕山をはじめとする比較的標高の低い山々が、幾重にもひだを重ねるように連なる上総丘陵。その「九十九谷」とも呼ばれる山と谷の織りなす風景を一望にできるのが君津市鹿野山にある展望公園だ。

千葉県の眺望百景にも登録されている九十久谷の景観。初日を拝めるスポットとしても人気が高く、正月には大勢の人々が集まる。 写真提供:君津市

秋から冬にかけて、上総丘陵では雨上がりの早朝などに濃い霧が発生することが多く、それがときには房総半島の内陸部を覆いつくす大雲海となることも珍しくない。ほかでは決して見ることのできない幻想的な風景を見ることができる。

アクセスガイド

館山道・君津インターから九十九谷展望公園までは、県道93号などを走り約11km/25分ほどの道のり。鹿野山牧場から延びる県道163号は、休日のみ一方通行の交通規制が実施されるので注意してほしい。

Data【Spot 32 九十九谷展望公園】
雲海遭遇率 ★★
雲海の季節 秋〜冬

◎所在地/千葉県君津市
◎入園料/無料(入園自由)
◎ルート/県道93号
◎最高地点/標高約330m
◎冬季閉鎖 なし

観光情報

君津市観光協会 TEL 0439-56-2115

文:佐々木 節/撮影:平島 格

『雲海ドライブ&スポット』より転載。掲載データなどは2017年8月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!