ホンダの「ものづくりのDNA」と中国の電動化・知能化技術が融合! 新型EV「e:NS1」が東風ホンダから発売

2022/04/26 12:00

ホンダ独自の技術を注ぎ込んだ「走れるEV」はわき見や眠気も検知!?

Hondaの中国における四輪車生産販売合弁会社「東風本田汽車有限公司(東風Honda)」は、新型EV「e:NS1 (イーエヌエスワン)」を2022年4月26日(火)に発売した。また、5月には同じく四輪車生産販売合弁会社の「広汽本田汽車有限公司(広汽Honda)」も、新型EV「e:NP1 (イーエヌピーワン)」の予約受付を開始する。

中国初のHondaブランドEVとなるe:NS1とe:NP1は、独創、情熱といったHondaのものづくりのDNAと、最先端の中国の電動化・知能化技術を融合し開発した「e:N (イーエヌ)」シリーズの第1弾。「心動 未体験EV」をコンセプトとし、乗る人の心を揺さぶる新しい価値を数多く取り入れた一台となっている。

走行性能では、さまざまな走行シーンにおいて瞬発的な出力と繊細な制御を両立する電動モーターや、510kmの航続距離(中国CLTC基準)を実現する大容量バッテリー、専用のボディー骨格などで構築される「e:N Architecture F (イーエヌ アーキテクチャー エフ)」を新開発。さらにはスポーツモデルの開発で培った空力技術などHonda独自の技術を注ぎ込み、Hondaらしいスポーティーで爽快な走りを追求した。知能化技術では、中国で展開する最新のコネクティビティーとしてEV専用の新世代コネクテッド技術「Honda CONNECT 3.0(ホンダ コネクト)」、15.1インチの大型ディスプレーオーディオを標準装備している。

東風Honda e:Nブランドコーナー

ほかにも、ドライバーのわき見などの危険行為や眠気などを検知し安全運転を支援する「ドライバーモニタリングカメラ(DMC)」を設定するなど、安心・快適でスマートな移動空間を提供。エクステリアデザインでは、フロントに発光する「Hマーク」エンブレムを、リアに従来のHマークに代わる新たな「Honda」エンブレムを採用し、e:Nの新たなアイデンティティーを表現したという。Hondaは、e:NS1、e:NP1を皮切りに、中国で2027年までに10車種のe:Nシリーズを投入するとともに、販売、生産などバリューチェーン全体で電動化の取り組みを加速する。

広汽Honda 電動車専門店イメージ

また、Hondaはe:NS1、e:NP1の発売に合わせ、オンライン店舗を本格展開。オンライン店舗では、一対一のダイレクト対話などにより、検討から注文までをオンラインで実現するとともに、e:Nの一触未来の世界に顧客を案内し、まったく新しい購入体験を届けていくという。また、従来からのショールームも刷新。広汽Hondaは北京、上海、広州などを皮切りに電動車専門店の展開やショッピングモールへの店舗設置を開始し、東風Hondaは既存の全店舗で「e:Nブランドコーナー」を展開する。

生産においては、今後ラインアップを拡大するe:Nシリーズを、質と量の両面から安定的に顧客に届けるため、広汽Honda、東風Hondaともに、2024年の稼働開始を目指してEV専用工場を建設予定だ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧