今シーズン再び監督に復帰しました! まずは合同テストのリポートから【BMW Team Studie監督「鈴木BOB康昭」の2022 SUPER-GT GT300クラス参戦記】合同テスト編

鈴木康昭
AUTHOR
2022/04/08 19:00

タイヤとのマッチングに苦労するも今後の期待大です!

こんにちは。BMW Team StudieのBOB鈴木でございます。

今シーズンのスーパーGTは、ニューマシンのBMW M4GT3が投入されることもあり、1年振りに監督に復帰することとなりました。どうぞ温かく見守ってください(笑)。

というわけでこの連載も復活! 今回はレースカーの納車からシェイクダウン、テストの模様をお届けしたいと思います。

プロローグ
2022年1月26日、まだまだ真冬の寒さが残る快晴の日に、BMW M4GT3が遂に届きました。今期、我々BMW Team Studieが共に闘うNewマシンのアジア初上陸です。

昨年まで使用していたBMW M6GT3よりも大きなボディは、車体は小さいけれど最新のエアロダイナミクスで大きく武装された分大きくなっているので、M6GT3よりも更に厳つい印象になっていました。僕らはこれからこの相棒と共に闘います。それがどんなに辛く険しい道だとしても、こいつと共に闘う事にワクワクしていました。

シェイクダウン
その12日後にフジ・スピードウェイでシェイクダウン走行を行いました。ドライバーはチームの顔である荒聖治。BMW Z4GT3そしてM6GT3と過去のBMWGT3マシンを熟知している彼からの初走行後のコメントは「さすがBMWですねっ!とっても良いです。」とかなりの好印象でした!
私も彼との付き合いは長いので、瞬時にこの言葉の意味を理解した。つまり機械として備えるモノを全て備え、M6GT3発表から7年の間の進化が荒の予想していたモノ、もしくは期待していた内容に応えている、更に言えばそれ以上のパフォーマンスアップであった、という意味だと解釈しました。
実際にBMW M4GT3の進化の内容は物凄かったです。サスペンション関係等はもはや日本で言うGT500、そう昨年までのDTMとほとんど変わらない内容に進化していたのです。
あまりに調整幅が広いので、新たに走行データをチェックする為のセンサーを数多く追加しなければならず、これだけでMINIのエントリー車は買える出費となってしまいました(涙)
また前記したとおり、大きく拡大されたエアロパーツはM6GT3とは比べ物にならないほどの強烈なダウンフォースを生み、地を這う様なコーナリングは更にカミソリの刃を鋭くした様な切れ味鋭いモノに進化していたのです。

2022SUPER-GT公式合同テスト(岡山国際サーキット)
開幕戦の舞台となる岡山国際サーキットで開催された今期初の公式テスト。

我々同様全くのニューマシンであったり、昨年と同じ車種でもそれぞれにアップデートしてきたマシンの初お披露目の場でもあり、独特のピリピリした空気が心地良いです。今年から採用したミシュランタイヤとの相性を確認しながらの走行でディファレンシャルの効きに違和感があり、1時間ほどの作業となってしまったがイニシャルを変更しました。

ヨーロッパ標準のコントロールタイヤ(ワンメイクレース用のカタログタイヤ)でセッティングされたシフトタイミングが、SUPER-GT専用に開発されたよりハイグリップなタイヤ
にマッチしないようです。特にハードブレーキング時のシフトダウンのスピードについてきてくれないのです。

これは本国にデータを送り、新たなプログラミングを製作してもらうしかないので、この日はそのまま我慢のドライブを強いられる事になりました。それにしても総勢49台の猛者達の中で、最も車体の大きなBMW M4GT3が、この狭いチョコチョコとした岡山国際サーキットでも本当によく曲がる様は、まさにBMWのお家芸と言えるものですね。

2022SUPER-GT公式合同テスト2回目(富士スピードウェイ)
第二戦にターゲットされた二回目のテストは、我々のホームでもある富士スピードウェイで開催されました。前回の岡山国際サーキットとは真逆な特性を持つ、超高速サーキットです。

ここではよりこのBMW M4GT3が生き生き走っている様に見えました。前夜から降り続けている雨の中の走行ではミシュランタイヤのパフォーマンスが際立っています。我々の参戦するGT300クラスで、ミシュランを採用するのは我がチームのみであり、その優位性を存分にアピールする事の出来る結果となりました。

午後のセッションではセンサーの不具合からABSが作動しないトラブルが発生し、せっかくドライアップした路面でのテスト走行がほぼ走れなかったのはちょっと痛かったですね。早く肝心のドライタイヤの開発を進めたいのに、どうにも雨の走行ばかりなのが、これまでのところです。

泣いても笑っても開幕戦までのテストはレギュレーションにより、これにて終了。次はいよいよ二週間後に控えた岡山国際サーキットでの開幕戦となります。
11年ぶりの王座奪還を目標に掲げ、BMW Mの50周年に花を添えるシリーズにしたいと思いますので皆さん応援よろしくお願いします!
BMW Team Studie公式ページ https://teamstudie.jp/

フォト=田村 弥/W.Tamura

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧