【スクープ】ポルシェ911 GT3 RS次期型、まさかの電動化!? 謎の充電口を発見!

2021/07/21 15:00

F1技術のアクティブ・リアウィングを装備。エアブレーキとして機能か?

ポルシェ「911」の頂点に君臨するハードコアモデル、「911 GT3 RS」新型の最新プロトタイプをカメラが捉えた。

ニュルブルクリンクで911 GT3 RS開発車両を目撃するのは初めてではない。しかしカメラマンによれば、ボンネットの下にある4.0L自然吸気エンジンがシンフォニーを奏で、アクティブ・リアウィングの魔法を目のあたりにするのはいつも楽しみだという。

プロトタイプは間違いなくF1にインスパイアされたアクティブ・リアウィングを装備している、その詳細は不明だ。一見するとF1レースカーで使用されているDRS(ドラッグリダクションシステム)技術に似ている。DRSは電子制御により可動型ウィングの動きを弱めるなど、空気抵抗を低減するシステムで、2011年からF1で使用が認められているもの。システムが同様かは不明だが、何らかのエアブレーキとして機能する可能性は高いと言えそうだ。

このオーバーサイズのウィングは、「911 GT3」とは異なるフロントとリアのワイドバンパー、エアエクストラクター付きの新設計フード、追加のフェンダーベントなどで構成されるGT3 RS新型のアグレッシブなボディワークと調和している様子が伺える。不思議なのは、右フェンダーの往来のフューエルフィラーキャップすぐ下にタイカンを思い出させる充電口らしきものがあることです。ポルシェは992の電動化を認めているが、重量が大幅に増加するため、サーキットに焦点を当てたGT3 RSには避けたいと思われ謎が深まるばかりだ。

予想されるパワートレインは、4.0L水平対向6気筒エンジン。最大9000rpmで最高出力は573ps以上を発揮するとみられ、PDKデュアルクラッチオートマチックと組み合わされる。これは先代の513psから60ps以上のパワーアップとなり、0-100km/h加速は3.0秒以下となる可能性もありそうだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!