名作スポーツカーにちなんだアイコニックな椅子の限定コレクション。「ヴィトラ」の「ポルシェ・ペピータ・エディション」

全ての画像を見る

スイスのデザイナーズ家具メーカーが、ポルシェのためにアイコニックなチェア3脚を限定生産!

スイスのデザイナーズ家具メーカー「ヴィトラ」は、ポルシェのためにアイコニックなチェア3脚を限定生産する。スポーツカーメーカーであるポルシェのオリジナルファブリック「ペピタ」を使用したクラシックチェアは、2024年4月21日(日)までクレリチ宮殿で開催されてミラノのイベント「The Art of Dreams (アート・オブ・ドリーム)」でお披露目された。

同族会社であるヴィトラとポルシェは、卓越したデザインとテクノロジーへの情熱を共有するだけではない。1948年、チャールズ&レイ・イームズ夫妻は、座面と背もたれが一体化したチェアを近代美術館のコンペティションに出品した。プラスチックがまだ革新的とみなされていた当時、このアームレスト・チェアはデザイン史にその名を刻んだ。

同じ年、フェリー・ポルシェはスポーツカーのビジョンを実現し、彼のチームと共に「ポルシェ356″No.1″ ロードスター」をデザインしている。

【写真18枚】ポルシェのオリジナルのペピタファブリックで覆われた限定チェア 

「ポルシェ・ペピータ・エディション byヴィトラ」のプロダクトパートナーシップの一環として、ヴィトラはこのスポーツカーメーカーのために3脚の限定チェアを製作した。これらの作品の特別な特徴は、ポルシェのオリジナルのペピタファブリックで覆われていることだ。この象徴的な千鳥格子柄は、小さな正方形を斜めのストライプでつないだものだ。

ペピータは、1965年に「ポルシェ911」の公式オプションとして初めて設定された。それ以前は、ポルシェ356の最終段階で特別オプションとして提供されていたが、リクエストに応じてごく稀に提供されていただけだった。最近では、ヘリテージデザインのコレクターズアイテムの第2弾として、2022年型「911スポーツクラシック」にペピータが設定された。

ヴィトラによるポルシェ・ペピータ・エディションには「イームズプラスチックサイドチェア ペピータ・エディション」「IDトリムL ペピータ・エディション」「プチレポ ペピータ・エディション」が含まれる。後者2つのモダンチェアは、ミラノの建築家兼デザイナー、アントニオ・チッテリオによるデザインだ。

ポルシェAGのマーケティング最高責任者であるロバート・アーダー氏は「ヴィトラのポルシェ・ペピータ・エディションは、両社のDNAの共生です。時代を超越したペピタパターンが、リビングルームでもオフィスでも、チェアを非常に印象的な外観に仕上げています」と述べている。

このチェアは、ミラノで開催された「アート・オブ・ドリーム」の一環として初めて一般公開された。この世界的な展覧会シリーズの最新作では、幾何学、対称性、リズム、繰り返しに焦点が当てられている。ペピータ・パターンに触発され、さまざまな分野のアーティストがこれらのテーマに取り組む。その中には、インタラクティブな彫刻作品「Lines of Flight」を制作した集団Numen/For Useも含まれている。

ヨナス・リンドストロームによるキャンペーンのモチーフ
製品パートナーシップに付随して、さまざまなデザイン、ラグジュアリー、ファッション、建築雑誌に掲載される印刷広告もまた、芸術的な性格を帯びている。このキャンペーンは、国際的なファッション写真家であり、映画監督でもあるヨナス・リンドストローム氏によるイメージに焦点を当てている。

クリエイティブなアイデアは、ペピータ柄の反復的な性質に基づいている。リンドストローム氏は、この幾何学的形状を利用して、ヴィトラの家具やポルシェのモデルを使って独自のグラフィックパターンを創作している。

「ポルシェ・ペピータ・エディション byヴィトラ」詳細
「イームズプラスチックサイドチェア ペピータ・エディション」は、機能性とデザイン性を、精密な製造技術と高品質な素材によって融合させている。シートシェルは体のラインにフィットし、快適なサポートを提供します。座面と背もたれにはポルシェ・ペピータ・オリジナルファブリックを使用し、白いシェルとのコントラストがエレガントだ。

ベースにはブラックメープル材を使用し、ベーシックダークカラーのチューブが外観を引き締めている。脚部にはフェルト製のグライドが付いており、硬い床でも傷がつきにくくなっている。1,963脚限定で、価格は911ユーロ(約150,000円)。

特徴的なオフィスチェア「IDトリムLペピータ・エディション」も、ポルシェ・ペピータのオリジナルファブリックが張られている。調節可能なランバーサポートは、個々のニーズに適応する。ポルシェの歴史的な紋章が型押しされたレザーのヘッドレストカバーがデザインを引き締めている。

フローモーションメカニズムにより、シートの傾きと奥行きを調整することができ、長時間座っていてもリラックスした姿勢を保つことができる。このエディションは911台限定で、価格はそれぞれ1,911ユーロ(約315,000円)。

コンパクトな「プチ・レポ・ペピータ・エディション」アームチェア(99脚、3,911ユーロ)は、クッション性のあるオリジナルのペピータ張りにより、抜群の座り心地を実現。ダブルステッチがデザインアクセントとなり、裏側はベーシックダークカラーだ。

販売開始は2024年4月22日(月)9:00 CETより。ポルシェ・ペピータ・エディション byヴィトラは、ポルシェショップおよびポルシェデザインオンラインショップのオンライン限定販売だ。

「ヴィトラ (Vitra)」について
ヴィトラの使命は、会社の技術的・文化的ノウハウを重要なデザイナーと融合させ、生活、仕事、公共スペースに関連する製品やコンセプトを生み出すことだ。スイスで開発されたヴィトラの製品は、世界中の建築家、企業、消費者に愛用され、刺激的な環境をデザインしている。ヴィトラのポートフォリオには、20世紀の主要なデザインの古典が含まれている。

ヴィトラはこの道を歩み続け、デザイナーと協力しながら、古今東西の課題に対する解決策を見出している。3代目となるファミリービジネスとして、ヴィトラはデザイナー、顧客、従業員との長期的な関係を目指しています。長く愛される製品と持続可能な成長は、創業当初からの重要な信条だ。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!