【比較試乗】「メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ vs BMW 4シリーズクーペ vs アウディ TT RSクーペ」同じジャーマン・プレミアムでも異なるベクトル。最新クーペ、それぞれの流儀

小野泰治
AUTHOR

世界的に見れば、いまや各メーカーのラインナップに用意されていること自体が貴重なクーペモデル。実際、コンパクト級からラグジュアリークラスまでクーペを揃えるのは、もはやドイツのプレミアム御三家だけだ。では、そんなクーペ界の主流である3ブランドの代表格はどんな仕上がりなのか? ここではそれを明らかにしよう。

Eクラスクーペは日常に寄り添う味付け

クーペといえども、日常のアシとして不都合がない実用性を兼ね備えていること――。これが、ひと昔前までのドイツ産クーペに与えられていた定評だった。今回の3台で、それを見事なまでに体現しているのはEクラスクーペだろう。先のアップデートでセダンやステーションワゴンなどとともにメルセデス最新のデザイン言語が組み込まれたスタイリングは、確かにクーペらしい“ハレ”の気分が味わえる出来映え。だが、極論すれば標準的なEクラスとの違いはただ「それだけ」だ。

MERCEDES-BENZ E300 COUPE SPORTS/クーペでも穏やかな味付けが魅力。Bピラーレスのボディ形態に代表される古き良き伝統も息づく。

基本的なボディ形態の違いから、後席の乗車定員は2名に減少しているしドアの枚数も少なくなるだけに、もちろんセダンと比較すれば実用度は落ちる。だが、後席の居住空間は大人の長距離移動にも耐える広さが確保され、荷室容量もサイズ相応。そんなことを気にするユーザーがどれほどいるのかは不明だが、クーペだと思えば使い勝手の点で不満らしい不満など皆無と言っていい。

MERCEDES-BENZ E300 COUPE SPORTS/先のアップデートで内外装が最新のメルセデス流となったEクラスクーペは運転支援装備も最先端レベルに。

そんな、ある意味でのEクラスらしさは走りの面でも変わらない。クーペというとスポーティな味付けを期待する人も少なくないはずだが、Eクラスクーペは良い意味で「ふつう」に仕上げられている。試乗車は中堅グレードのE300ということで、なおさらそう感じさせた部分もあるがライド感覚は基本的に安楽系。適度にウエットな感触を伝えてくるステアリングのフィードバックにしろ、しなやかにストロークする足回りにしろ、そのキャラクターは上質感が際立つ仕上がりだ。やや実直に過ぎるエンジンともども、走りに刺激を求めたい人には物足りないかもしれない。だが、普段使いの気の利いた、そして適度に贅沢な相棒としてクーペを選ぶのなら、これほど的を射た味付けもない。

MERCEDES-BENZ E300 COUPE SPORTS/AMGを除く標準仕様のエンジンは2Lターボと3Lターボの2種。

また、Eクラスクーペは単なる優等生ではなくメルセデスらしいこだわりも残されている。それは、いまや珍しいBピラーレスのボディ構造を採用していること。走りの質感、安全性の点では不利な作りだが、一部例外を除くとBピラーレスはメルセデス製クーペの伝統でもある。Eクラスの場合、そのしわ寄せなのか、リアのクォーターウインドーが2分割になってしまったのは残念だが、マニア視点ではそれもまたご愛嬌だろう。

フォト=宮門秀行/H.Miyakado ルボラン2021年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!