メルセデスAMGのラインアップに3列シートSUVの「GLB 35 4MATIC」が追加!

H.Tanaka
AUTHOR

「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC」には306㎰/400Nmを発揮する2Lガソリンターボを搭載!

メルセデス・ベンツ日本は、「GLB」にハイパフォーマンスモデルの「メルセデスAMG GLB 35 4MATIC(以下GLB 35)」を追加。1月12日より予約受注を開始した。消費税込みの車両本体価格は7,370,000円で、顧客への納車は2021年1月末頃からを予定している。

GLBは2020年6月に上陸。そのセールスポイントは、オフローダーとして名高い「Gクラス」からインスピレーションを得たスクエアなエクステリアや高い悪路走破性、そして日本の都市部でも扱いやすいボディサイズながら3列シートの7人乗車を標準としていること。

そんなGLBをベースとするGLB 35は、メルセデスAMGにおける「35シリーズ」では6番目となるモデル。そのハードウェアは高出力なエンジン、十分なトラクションを確保する四輪駆動システム、高い剛性とアジリティのためのシャシー補強やサスペンションのセッティングなどによって気持ち良くドライビングすることに焦点が当てられた。

具体的な内容だが、足回りには「AMG RIDE CONTROL サスペンション」を標準装備。サスペンションを制御する3つのモードが用意され、走行条件に応じて減衰力を連続可変。快適性と優れたアジリティを両立する。また、ブレーキにはフロントに新型モノブロック対向4ピストンキャリパーと350mmディスクを、リヤには330mmディスクが採用。ディスクは、放熱性に優れたドリルドベンチレーテッドタイプとなる。

パワーユニットには最高出力306㎰、最大トルク400Nmを発揮する2L直列4気筒ターボエンジンの「M260」が採用。低回転域での力強さや中高回転域での伸びやかな加速感を両立させるべく、ツインスクロールターボチャージャーや可変バルブリフトシステムの「CAMTRONIC(カムトロニック)」が搭載されている。これに組み合わせるトランスミッションは8速のAMGスピードシフトDCTで、素早くダイレクトな変速を実現。また、自動制御のフラップを装備したAMGエキゾーストシステムにより排気音のチューニングにも余念はない。なお、駆動は4WDのAMG 4MATICが標準だ。

エクステリアは、ベースとなるGLBの「AMGライン」をベースにメルセデスAMGモデル独自の要素をプラス。フロントにはAMG専用ラジエターグリルを採用、リヤには専用デザインの円形デュアルエキゾーストエンドを組み合わせスポーティなキャラクターをアピールする。一方、インテリアはコックピットディスプレイに「スーパースポーツ」を含む3つのAMG専用の表示スタイルを搭載。オプションの「AMGパフォーマンスパッケージ」を選択すると、フラットボトム型となるナッパレザー/DINAMICAの「AMGパフォーマンスステアリング」が装着される。また、SUVモデルながら「AMGトラックペース」も装備。サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録することが可能で、データをもとにした運転スキルの分析などが可能だ。

 

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!