「ポルシェ・タイカン」エレクトリック4ドアスポーツの全貌が公開された!

AUTHOR
2019/10/15 11:00

電動化へと大きくシフトしつつある自動車市場に、ポルシェが満を持して投入するタイカンの全貌が公開された。自他ともに認める生粋のスポーツカーブランドが放つピュアEVだけに、その成り立ちと走りは誰もが気になるはず。注目のワールドプレミアと、それに先立ち開催されたワークショップから詳細をお届けしよう。

これが電動化に向けたポルシェの回答。800Vシステムを用いた史上初のEV

9月4日、中国福州市平潭の現地時間22時前、ポルシェAG研究開発担当役員のミヒャエル・シュタイナー氏がプレゼンを終えると、壁のように見えていたステージ後方のスクリーンが一瞬にして消え、生温かい風とともに眼前にタイカンが現れた。ステージ奥には暗闇の中、真っ赤にライトアップされた風力発電タワーが無数に見える。それは現実のものなのか、しばらく判断がつかなかった。

特徴的なヘッドライトまわりの形状は、911やカイエン、パナメーラとも違う、新たなポルシェの顔となるもの。縦のスリットは空力&冷却効果を発揮する。

ポルシェはタイカンのワールドプレミアを、欧州、北米、中国の世界3カ所で同時刻に行った。ドイツではベルリン近郊のノイハルデンベルクの太陽光発電所、北米では米国ニューヨーク州とカナダ・オンタリオ州の国境にあるナイアガラの滝近くの水力発電所、そしてアジア地域では、中国・福建省福州市から約150km離れた平潭にある風力発電所がその舞台だった。この島は世界三大風力地帯のひとつに数えられるほど風力資源に恵まれており、現在は世界最大の洋上風力発電設備の開発が進められている。ポルシェにとって主要なマーケットであり、かつ自然エネルギーで電力を賄う象徴的な場所で、というわけだ。

ボンネットより高い峰のあるフェンダー、サイドウインドーグラフィック、そして水平基調で一直線のリアランプなどは992とも共通するデザイン。

タイカンは4ドア、4シーターのサルーンだ。ボディサイズは全長4963mm、全幅1966mm、全高1378mmと、パナメーラよりも全長は短く、全幅は広く、全高は低い。車両重量(DIN)は2305〜2295kg。ディメンジョンは911とパナメーラの間にあたるもので、シートポジションは911に非常に近い。
ボディ構造は冷間や熱間圧延鋼板のスチールが63%、アルミニウム約37%を用いた複合素材を、溶接や接着、リベット、圧入などさまざまな接合技術を組み合わせることで形成している。ボディ下部には、強靭なフレームに覆われたバッテリーが28のスクリューによって結合されている。後席の足元にあたる部分にはバッテリーを収納せず、乗員スペースを広く確保。また、あらゆる角度からの衝突実験が行われ、そのバッテリー内部を衝撃吸収構造とした設計となっている。シミュレーションによる結果、安全性はパナメーラを大きく上回るという。ルーフは全面ガラス構造となっており、100%UVカットや、夏は涼しく、冬は暖かいエコ商品として近年は家庭やオフィスにも使われているLow-Eコーティングガラスなどの5層構造で内装からロールスクリーンを省き、開放感を実現する。

容量93.4kWhのリチウムイオンバッテリーはLG製で、396セルの64.6Ahパウチセル型電池によって構成。

タイカン最大の特徴は、史上初の定格電圧800Vシステムを用いたEVであること。一般的なEVが400Vシステムであるのに対して倍の電圧とすることで、パフォーマンスを安定的に発揮することができ、またケーブル類などを約半分にまで細くすることが可能で、軽量化にも大きく貢献する。
ラインナップはターボとターボSという2モデルを用意。先出のシュタイナー氏になぜEVモデルに内燃エンジン車と同じモデル名をつけたのか尋ねると、「ポルシェにとって象徴的な911がそうであるように、誰もがそのパフォーマンスの高さをイメージしやすいから」という答えだった。

フォト=ポルシェジャパン/Porsche Japan ル・ボラン2019年11月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧