ル・ボランチームが今年も参戦! 第4回メディア対抗タミヤRCカーロードスター1時間耐久レース

井澤 利昭
AUTHOR
2019/09/26 15:00

その楽しさは本物同様! タミヤ製RCカーを使った1/10ロードスター耐久レース!

毎年、筑波サーキットを舞台に開催されている「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」。その前哨戦として、こちらもすでに恒例となったタミヤ製電動RC(ラジオコントロール)カーによる「第4回メディア対抗タミヤRCカーロードスター1時間耐久レース」が、今年も去る8月28日(水)に開催された。本戦でのコースイン順を賭けたこの戦いにル・ボランチームも参戦! 本戦同様の盛り上がりを見せた、RCカー版耐久レースの模様をお送りする!

絶対に負けられない戦いがそこにはある……。

今年ですでに4回目を迎えるこのレース、実は我々ル・ボランチームは、その第1回と第2回大会で勝利を収めているなかなかの強豪チームなのである。ところが3連覇を目指して参戦した昨年、永遠のライバル(向こうはそう思ってないかもしれないけど)CAR GRAPHICチームに完敗! 今大会は王座奪還を賭けた、「絶対に負けられない戦い」なのである(昨年の模様はこちらから)。

ル・ボラン号は、諸般の事情(笑)により今年からカラーリングを一新! 実車より先のレースデビューとあいなった。ゼッケンもなんだか運が良さそうな777番へと変更になった。

レースはその名称どおり、タミヤの電動RCカーを使用した1時間の耐久レース。マシンは1/10サイズに縮小されたロードスターという点はこれまでと同じだが、その中身が昨年まで使用していた前輪駆動のM-05シャーシというモデルから、今年6月に発売されたばかりの後輪駆動シャシー「M-08 CONCEPT」へと変更され、より実車に近い構造と走りとなった。

タミヤの最新型後輪駆動シャシー「M-08 COPNCEPT」。本物のロードスター同様、クルマを操る楽しさを体感できるRCモデルだ。

戦いの舞台はマツダR&Dセンター横浜内に設置された特設コース。レースは午前と午後の2部制になっており、ル・ボランチームはライバルであるCAR GRAPHICチームを含む午後の部に出場することになった。

もはや毎年恒例!? マツダR&Dセンター横浜内に用意された特設コースが戦いの舞台だ。

タミヤ&マツダスタッフによって設営された特設コース。路面は室内でのRCカーレースではポピュラーなカーペーットで、グリップも抜群。

午前中に開催された第1部では「ザ・モーターウィークリー」チームが300周+ボーナス20周の合計320周をマークして暫定1位を獲得。そう、このレース、女性ドライバーの有無やチームドライバーの人数、ボディペイントの美しさなど、主催者側から出された様々なお題をクリアするとボーナス周回が加算されるため、それを踏まえたチーム編成やボディ作りが必要とされるのだ。女性ドライバーの擁立に今年も失敗した(泣)ル・ボランチームは、ドライバーの人数を増やすことでボーナス周回を獲得することを選択。昨年同様、メディア耐久本戦でドライバーを務めるハギワラをリーダーにしたオジさ……じゃないナイスミドル5名でチームを編成し、まずはボーナス20周をゲットすることに成功した。

今回参加したのは合計19チーム。ル・ボランと同じ第2部には、ITmedia、driver、Tipo/Daytona、CAR GRAPHIC、HOT-Version、Support Companies、マツダ人馬一体、マツダE&TチームYTCの9台が参戦。カラーリングの美しさを競うコンクール・デレガンスはTipo/Daytonaチームが受賞し、ボーナス周回数10周をゲットした。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧