【スクープ】デビューは9月のフランクフルト! 新型「メルセデス・ベンツGLEクーペ」のワールドプレミアが秒読みに。

2019/08/15 11:00

パワーユニットは全タイプで直列6気筒にスイッチ?

ダイムラーは2018年9月にミドル級SUVの「メルセデス・ベンツGLE」を7年ぶりにフルモデルチェンジしているが、その派生モデルとなる「GLEクーペ」の新型も開発が最終段階となっている。

新型GLEクーペの開発車両は以前にもキャッチしているが、今回カメラが捉えたのはこれまでで最もカモフラージュが軽度な状態。その外観はフロントグリル、左右がつながるエアインテーク、ブーメラン型ツインLEDデイタイムランニングライトなど、GLEと多くを共有するデザインが確認できる。しかし、テールライトをはじめグリルバーやエアインテーク内のフィンといった部分にはクーペ専用のスポーティな意匠が与えられているようだ。また、Bピラーからダックテール状のリヤスポイラーで収束するルーフラインは現行モデルより滑らかなイメージ。現行モデルよりクーペらしさが強調されているようだ。

次期GLEクーペでは最新プラットフォームを採用。ホイールベースが80mm延長されることでクーペ風SUVながら後部の居住性が向上している。また、インテリアは最新のメルセデスに共通するデジタルコクピットを採用。12.3インチのデュアルワイドディスプレイが搭載される。

搭載が予想されるパワーユニットは最高出力286ps、最大トルク600Nm仕様とそれぞれ340psと700Nmを発揮する2タイプの3L直列6気筒ディーゼルターボに加え最高出力367psの3L直列6気筒ガソリンターボをラインアップ。また、3L直列6気筒ガソリンターボにはISG(インテグレーテッド・スターター・モーター)を組み合わせて最高出力が370psとなる「EQ Boost」仕様も用意されるようだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧