【比較試乗】「ハイ! メルセデス」で一躍ときのクルマへ。Aクラスはコンパクトカーのトップバリューか?

成熟を重ねたモデルは高い品質が備わっている

MBUXと呼ばれる対話型インフォテイメントシステムが話題の新型Aクラスだが、同セグメントには走行性能を鍛えたり、安心・安全を着実に積み重ねてきたライバルたちもまた多く存在する。ここでは、キャラクターの異なるコンパクトカーを集め、新型Aクラスの総合力を考察した。

成熟を重ねたモデルは高い品質が備わっている

AIを駆使した対話型インフォテイメントシステム(MBUX)ばかりに話題が集中するAクラスではあるものの、クルマとスマホは根本的に違う。安全性能にユーティリティに、何よりもファン・トゥ・ドライブに――。とクルマの本質的な魅力を見据えたときに、どれほどの魅力があるのか。Aクラスの属するCセグメントには並み居る強豪がひしめくばかりか、コンパクトカーだからといってグランツーリスモ性能やスポーツマインドを求める層も大勢いる。あらゆる性能を高いレベルで求められる難しいカテゴリーだ。
今回、Aクラス(A180スタイル)を取り上げつつ、個性的なライバルと比較してみたい。あえてドイツ御三家的な真っ向勝負を避けつつ壇上に上げたのは、フレンチハッチ界の名手プジョー308、北欧の薫り漂うボルボV40、いつの時代も王道として認知されるフォルクスワーゲン・ゴルフである。現行型をみると、308の発売開始が’14 年、ゴルフとV40は’13 年と、そのどれもが相応の時間が経過している。もちろん、どれもがことあるたびにマイナーチェンジを実施して商品力を上げているが、こと鮮度という意味ではAクラスに対して少々分が悪い。
しかし、最新のAクラスと比べることで、それぞれが時間軸を超越するかのような固有の魅力が宿ること。さらに熟成を重ねたがゆえの品質や立ち振る舞いを持っていたのは、意外な新発見だった。

01. MERCEDES-BENZ A180 STYLE

MBUXと呼ぶ対話型インターフェイスを初採用したことが最大のトピックだが、1.4Lターボ+7速DCTのパワートレインも十分な動力性能を発揮。先代よりパーソナルカーとしての性格が強くなった。

例えばゴルフに乗るといつもホっとさせられる。まるで服を着るようにばっちり決まる操作系の位置関係や、絶妙な感触を持つペダルやステアリングフィール。過度な刺激や興奮はないが、淡々と必要性能を届けてくれるパワートレインなど何もかも人間の感性と一致している。’17 年のマイナーチェンジでデジタル化と安全装備の充実が図られ、特にこのTSIハイライン・テックエディションはそうした電脳装備が網羅される。それでも乗員への配慮と使い勝手を、高品質な乗り味を機械として徹底的に追求している姿を前に、余計な電脳装備は不要だと思えるほど。昔ながらの“いいクルマ感”を味わうのならゴルフがいい。

対してV40もまた同じ路線を歩む。ただし、見た目のカジュアルさとは裏腹に、操作系の感触や実際の立ち振る舞いなどは、ゴルフよりもより重厚感あふれるグランツーリスモのように仕立てられていた。1.5Lターボを積むT3は、スペックを眺める限りはイマドキのダウンサイジングターボだが、お手軽なシティコミューターというよりは、溢れ出るトルク性能を駆使して高速を淡々と長距離移動したいタイプ。スウェーデンの外科医がアドバイザーとして参加したというフロントシートや、タッチパネル全盛の今でこそ少々ボタン配置が煩雑にみえるが実際は使い勝手のいい操作系も、その性格を後押しする。

02. VOLVO V40 T3 INSCRIPTION

’17年のアップデートで、フロントシートの開発に外科医がアドバイザーとして参加するなどして、着実に商品力を上げたV40。パワーユニットは1.5Lと2Lのガソリンのほかに2Lのディーゼルも用意。

解釈が難しく、意見が分かれそうなのは308である。外観は端正だが、操作系はプジョーの主張がてんこ盛り。iコクピットと呼ばれるそれは、メーター類をステアリングの中から見るのではなく、小径ステアリングの上部からやや見下ろすようなポジションとなる。日本人の体格の問題なのか「見にくい」という意見は多いものの、慣れればさほど気にならなかった。国産のミニバンやコンパクトカーにはセンターメーターが珍しくなく、視界に入るステアリングの外でメーターを見る風習が根付くことを考えると、むしろ国産から乗り換えた人のほうが違和感は少ないのかもしれない。また、今回の1.5Lディーゼルターボ(Blue HDi)と8速ATの組み合わせによる、ぶ厚いトルク性能を緻密なATで引き出す走りを前に、コンパクトカーを超越したグランツーリスモ性を感じた。

リポート:中三川大地/D.Nakamigawa フォト:郡 大二郎/D.Kori ル・ボラン6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧