前代未聞のハイパワー! なのに気軽に乗れるジムニーJB23【ジムニー天国 2019】

2019/05/30 11:20

200psなのにサスペンションが勝っている!

ラ・ノーズ浦野氏(通称アニキ)のプロフィールは、書き始めたらきりがない。知識、ドラテク、チューニング技術など、クルマのことに関してとんでもない人とだけ言っておこう。そんなアニキが登場させたJB23(デモカーというよりアニキの趣味のクルマ)も規格外だ。

ワンオフパーツだらけのエンジンルームは美しい。手が入っていない部分は皆無だ。

レイアウトを考慮しつつ、大容量化されたサージタンクが迫力だ。

K6Aにこだわりつつ、軽自動車という枠を外し自身が乗って楽しいと思える出力、特性を追い求めてチューニングを日々進化させている。フルカウンタークランクにボア、ストロークアップ。各種ワンオフ装備にTF035タービン。ブースト1.5kで199.8psという出力を叩き出す。ノーマルのジムニーが軸出力の計測で55ps前後と考えると約4倍の出力。「今回の試乗、オンロードだけでいいよ。とりあえず全開にしといで」。「はぁ? バカじゃないの? 200ps?」。

ジムニーにはありえないサイズのタービン。ラフにミートするとスタート時ホイールスピンする。

ノーマルECUでは制御しきれないので、完全オリジナルマップをVi-pecで構築。

ということで全開走行やってきました。スタートから蹴っ飛ばされるほどの加速を見せる。大きなタービンを組んでいるはずなのに、ターボラグを感じないリニアなフィーリング。フルブースト直前から吸い込まれるような伸びで、レブを聞いていたのだが、見るゆとりがない。ここで気がつく。出力は確かに凄い。しかし、コントロールを失うシチュエーションが皆無なのだ。アクセル全開で200psを路面に叩きつけている状態にも関わらず、サスペンションが勝っている。全開状態でレーンチェンジが可能なのだ。それでいて乗り心地は普段遣いできるほどいい。「クルマって、ワクワクするもんだろ! でも、命載せてるんだからキッチリ作らなきゃ。不安だらけのスリルはいらねぇんだよ」。コントロールの楽しさを再認識させられるクルマだった。

排気量アップされたエンジンに対応し、ワンオフのマフラーを製作。60φの大口径タイプだ。

オリジナルセッティングのKINGレーシングショックにオリジナルコイルで武装。200psを受け止める。

このグラフはブースト1.25kのローモード。それでも170ps越え。肝心のハイモード1.5k、199.8psのグラフを「どこいったか分かんねぇからこれでいいよ、200psなんて通過点だから」近日タービン変更してさらに出力アップの予定らしい。

テストドライバー:那須一博 ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧