【嶋田智之の月刊イタフラ】アバルト+リーヴァのゴージャスで速い695限定モデル

嶋田智之
AUTHOR
2018/12/07 15:00

売り切れ必至の限定車

昔の“695”はフィアット500ベースのアバルトで高性能モデルに与えられた称号でしたが、現代のアバルトでは高性能であることに加えて何か特別な仕立てのモデルであることを意味します。4台目の695となる“695リヴァーレ”も、かなり特別。イタリアの最高級ボートメーカーであるリーヴァ社とのコラボレート作で、青メタとグレーメタのビコローレにアクアブルーのストライプという特徴的な外観に、高級ボートのようなマホガニー製のインパネ、そして専用のブルーレザーのシートという出で立ち。メカニカルな部分は595の高性能版であるコンペティツィオーネに準じていて、エキゾーストにはアクラポヴィッチ。ボディはハッチバックとオープントップの“C”まで用意されてます。価格は予想より安く、ハッチバックが405万円、Cが422万円。それぞれ限定85台と65台なので売り切れ必至でしょ。

ル・ボラン 2019年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる