日産が逆走探知ナビゲーション技術をパイオニアに提供

H.Tanaka
AUTHOR
2018/10/12 15:00

今秋の法人向けカーナビから実装開始

日産は、同社が世界で初めて開発した逆走報知ナビゲーション技術のライセンスを大手カーナビゲーションメーカーであるパイオニアに供与したことを発表した。これにより、パイオニア製カーナビゲーションを利用するユーザーにも本機能の提供が可能となった。

この供与について日産の経営戦略本部、パートナーシップ、ビジネスデイベロップメント担当の常務執行役員、カトリン・ペレスは、以下のようにコメント。

「日産は自社で開発した技術を自社利用に留めず、外部で利用促進する取り組みにより、社会全体での技術の発展に寄与していきます。今回のパイオニアへの逆走報知ナビゲーション技術のライセンス供与もこの活動の一環です。本技術を広めることで、社会全体での高速道路の安全・快適な利用の実現に寄与していきたいと考えています」

 

これは、近年の大きな社会問題のひとつである高速道路上の逆走において、ナビゲーションシステムがドライバーに対して音声と画像にて注意喚起を行なうもので、開発当時(2010年10月発表)は世界初の機能だった。

今回ライセンス供与した逆走報知ナビゲーション技術は、2010年11月発売の「フーガ・ハイブリッド」以降、他の車種にも順次拡大採用され現在ではすべての日産純正カーナビゲーションシステムおよびディーラー装着の日産オリジナルナビゲーションに採用されている。

なお、ライセンス供与を受けたパイオニアは2018年秋に発売を予定している法人向けカーナビゲーションを皮切りに、今後同社が展開するカーナビゲーションに広く展開する予定という。

逆走報知ナビゲーション技術の概要

カーナビゲーション内部のプログラムにより、車両情報(GPS位置、地図、車速など)に基づいた逆走判定処理を行ないドライバーに報知する。基本的な処理としては、車両前方地図の分岐・合流に逆走判定エリアをリアルタイム生成し、その判定エリアを一度通過した後、再度エリアに進入することにより逆走を判断し、注意喚起のための報知を起動する。

サービスエリアやインターチェンジ、ジャンクション付近の分岐・合流点を逆走すると、音声および画像で注意喚起を発する。これは、道路会社の保有する道路構造に関する知見と、自動車メーカーの保有するGPSナビゲーションに関する知見を合わせ、新たな逆走判定ロジックを開発し、市販のカーナビゲーションにも実装可能な技術として実現した。

この機能はプログラム処理の追加のみで実現可能なもので、既存の地図データベース部分には変更を加えない。そのため、ナビゲーションの地図更新機能により新しい高速道路の情報が追加されても、追加の道路に対してすぐに同様の検知・報知が可能となる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる