【東京モーターショー2017】累計1億台。誕生60周年を迎えるホンダ・スーパーカブシリーズの次の一手は

2017/11/01 10:35

おそばやさんの出前配達、新聞配達、はたまた郵便配達。国民的はたらくバイクの代名詞がホンダ・スーパーカブ。ギネス級の超ロングセラーモデルであるシリーズは2018年に誕生60周年を迎えることもあり、今秋のタイミングで大きな変化が現れる。端的に言えばワールドワイドからジャパンモデルとしての進化だ。このタイミングでヘッドライトはLED化され小型になり、オイルフィルターの位置もブレーキペダル脇に移設するなどの小変更が施された。はたらくバイクに止まらず、共に生きるパートナーとしても得がたいバイク。エンジンは排気量別の50ccと110ccの2タイプが設定される。

 

スーパーカブ110

ヘッドライトはLED化され小型に。オイルフィルターはメンテナンス性を高めるべく、ブレーキペダル脇に置かれる

 

 

スーパーカブ50

 

生産台数1億台記念&誕生60周年記念モデル

世界生産累計台数一億台達成に加え、来年の2018年には誕生60周年を迎えるスーパーカブ。それを記念して東京モーターショー用に、新型スーパーカブ1100をベースに特別に製作されたモデル。サイドのエンブレムには一億台(=100MILLION)と60周年(=60)の2つの数字がデザインされる。

(レポート:編集部)

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧