メーター表示も「iPhone」がジャック? 次世代「Apple CarPlay」でクルマのスマホ連携が加速! 「WWDC2022」

AUTHOR

日本時間6月7日未明にAppleが開催した開発者向けカンファレンス「WWDC2022」。その内容は今秋リリースされる新OSや新製品の発表で、今回は第2世代のAppleシリコン「M2」チップに新しい「MacBook Air/Pro」などが話題を集めている。そんな中「Apple CarPlay」も劇的な変化を遂げていたので紹介させていただきたい。

Apple CarPlayとは、iPhoneとクルマに搭載されたiOS対応のディスプレイを接続することで、iPhone内のカーナビや音楽アプリなどを車内で使用できる機能のこと。

ナビ代わりに自分のiPhoneを使っているという方もいると思うが、Apple CarPlayに対応したクルマであれば、運転中はiphoneの画面が最適にミラーリングされ、iPhone本体でナビを利用するより断然使いやすいというメリットがある。

音楽についても、iPhoneアプリのお気に入りを再生できるほか、メッセージの送受信を聞くことが可能。さらにはSiriに対応しているので、運転中でもタッチパネルに触れずにスマホが使用できる。最近では、デジタルキー機能も加わり、iPhoneで車のロックを解除しエンジンを始動できるなど進化が止まらない。

また、Apple CarPlayはiOS端末を経由してインターネットに接続するので、車用の回線契約は不要。別途料金もかからず、対応車種を購入するか対応機器を装着するだけで利用が可能だ。

現在はダッシュボード中央に配置されたタッチパネルをCarPlayで操作するというのが基本だが、Appleは今回のWWDC2022でスピードメーターなどクルマのあらゆるディスプレイやインフォテインメントを表示する次世代型のミラーリング技術を発表した。

クラシック風メーターに着せ替えもできる!

 最近のクルマはメーターにディスプレイが採用されセンターディスプレイも大型化。さらには全てが一体化している車種も増えているが、そうしたマルチディスプレイダッシュボードにも適応している。

今回発表された次世代のApple Carplayではナビや音楽などのメディア機能に加えて、スピードメーター、タコメーター、温度計、燃料計、またEVのバッテリーレベルなども表示。さらには、エアコンやシートヒーターを作動させることも可能とした。

しかもCarPlayはさまざまなメーターやディスプレイデザインから選択が可能。クラシックカーのようなメーターから、モダンなデジタルメーターまで、その日の好みに合わせた表示が可能なのだ。Appleは、このCarPlay OSに対応する車両が2023年の後半に発売予定と発表。それがどのクルマになるかは明かしていないが、パートナーとしてはアキュラ、アウディ、フォード、ホンダ、ジャガーランドローバー、リンカーン、メルセデスベンツ、日産、ポルシェ、ボルボ、ポールスターと12ブランドの名前が上がっていた。自動車メーカーは、今後、ディスプレイのインフォテイメントをデザインする必要がなくなるかも? さらにはメーターに液晶画面を追加するだけで、旧車も最新インフォテインメントにアップグレードするかも? そんなことも考えさせられるカンファレンス内容であった。ギャラリーで、さまざまなデザインを是非確認していただきたい。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧