最大航続距離660km、そのスタイルはまさに小さな電動Sクラス! メルセデスのEV専用プレミアムセダン第2弾「EQE」海外試乗

EQSに続いて、プレミアムクラスEV専用アーキテクチャー(EVA2)による第2のモデル、EQEに試乗する機会を得た。EQSよりはコンパクトなボディを纏ったその走りはいかに!?

インテリジェントなビジネスセダン

EQE350はリアにモーターユニットを置く後輪駆動。のちに4MATICも追加導入される予定である。

メルセデスのEQSと共に登場したBEV専用のプラットフォーム(EVA2)は、さらに3つモデルが共有すると発表されている。そのひとつがEQEである。

ボディサイズはCLSとほぼ同じだが、ホイールベースが3mを超えているのは、キャビンのフロア下にバッテリーを収めているからだ。バッテリーサイズは90kWhで、航続距離は最大660km。EQE350とEQE500 4MATICの2モデルがとりあえずショールームに並ぶが、350にも後に4MATICが加わる。

スタイリングは小さいEQSのようだけれど、ハッチゲートを持つ2ボックスのEQSに対してEQEは独立したトランクを持つ3ボックスである。「ハッチゲート付きだと、後席のヘッドクリアランスが十分に確保できないため」というのが3ボックスにした理由とのことだった。

メーターとセンターコンソールにふたつの液晶パネルを置くやり方は、SやCと同類のもの。ダッシュボード全体をガラスで覆うMBUXハイパースクリーンはオプション。

EQSでは標準装備のMBUXハイパースクリーンやエアサスペンションなどはオプションで、EQEのほうが装備の簡素化が図られているが、これはフリート需要に応えるためらしい。したがって室内の景色はSやCと似たものとなっている。

試乗車のEQE350+(「+」は航続距離が長い仕様)はエアサスと後輪操舵が装着されていたので、速度依存の少ないフラットな乗り心地と、ボディサイズを感じさせない回頭性のよさ、そして高速域でのスタビリティの高さはEQSと大きく変わらない。いっぽうで、風切り音がほとんどしなかったEQSと比べるとEQEはそこそこ聞こえてくる。これは、Cd値が0.20のEQSに対して0.22だからだそうである。

フリート需要を見込んだEQEで、BEVのシェアを積極的に広げていこうというメルセデスの戦略は、果たして思惑通りになるのだろうか。今後の展開から目が離せない。

【Specification】メルセデスEQ EQE 350
■全長×全幅×全高=4946×1961×1512mm
■ホイールベース=3120mm
■最高出力=292ps(214kW)
■最大トルク=530Nm(54.0kg-m)
■バッテリー容量=90kWh
■モーター種類=永久磁石式同期モーター
■最大航続距離(WLTC)=545-660km
■サスペンション(F:R)=4リンク:マルチリンク
■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク
■タイヤサイズ(F&R)=265/40R21
■問い合わせ=メルセデス・ベンツ日本 ☎0120-190-610

メルセデスベンツ公式サイト

フォト:メルセデス・ベンツ日本 ルボラン2022年6月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧