メルセデス・ベンツCクラスの新型クロスオーバー、「C220 d 4マチック オールテレイン」が発売!

SUV譲りの力強いエクステリアデザインが魅力

メルセデス・ベンツ日本は、 ベストセラーモデル新型Cクラスの3番目のボディタイプとなる「C 220 d 4マチック オールテレイン」を発売した。
C 220 d 4マチック オールテレインは、SUV譲りの高いアイポイントとロードクリアランス、ステーションワゴンの実用性を兼ね備えたCクラス初のクロスオーバーモデル。四輪駆動システム「4マチック」など、35年以上にわたるSUV開発の歴史の中で蓄積したオフロード技術を採用し、オールラウンドな走行性能を備えているという。

新型Cクラスのデザインを取り入れたエクステリアには、SUVの力強さを表現するシングルルーバーのラジエーターグリルをはじめ、前後バンパー下部のシルバークロームアンダーライドガードやブラックのホイールアーチカバーを取り入れ、SUVらしさを強調。ボディサイズを全長4,760mm、全幅1,840nn、全高1,495mmとし、ステーションワゴンに比べ+約40mmとすることで、高い地上高とアイポイント、乗降のしやすさというSUVの 特長を持たせながら、一般的な駐車場に入るサイズにおさめている。

インテリアはダッシュボードを上下2つに分割、上部は翼のような形状に、航空機エンジンのナセルを想わせる角型エアアウトレットが配置されており、スポーティさを演出。また、ドライバーを重視することでスポーツ感を強調すべく、ダッシュボードと縦型の11.9インチのメディアディスプレイを6度、ドライバー側に傾けてデザインされた。

新型Sクラスから搭載されるメルセデス・ベンツ最新の安全運転支援システム(「アクティブステアリングアシスト」、「アクティブエマージェンシーストップアシスト」、「アクティブブレーキアシスト」、「緊急回避補助システム」等)を導入したほか、MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を採用。この「MBUX」の音声認識機能は多くのインフォテインメント機能 (目的地入力、電話通話、音楽選択、メッセージ入力・読み上げ、気象情報)に加え、クライメートコントロール、各種ヒーター、照明など多様な機能にも対応する。

パワートレインは、エンジン単体で200ps (147kW)、440Nmを発生する、2.0Lのクリーンディーゼル直列4気筒ターボエンジンの「OM654M」を採用。マイルドハイブリッドシステムのISGによって、短時間、最大で20ps (15kW)、208Nmのブーストが可能で、高トルク、省燃費が売りのクリーンディーゼルエンジンに、電気による緻密なサポートが組み合わさることで、スムーズな加速感と、燃費の低減に寄与するという。

さらに「9G-トロニックオートマチックトランスミッション」との組み合わせで、優れたエネルギー効率と快適性を実現したとのこと。サスペンションは、Cクラスで定評のあるフロント4リンク式、リアにマルチリンク式を踏襲し、最低地上高をステーションワゴンよりも約40mm高く設定。車高調整の必要ない、オフロードの走破性とオンロードでの直進安定性や操縦性、乗り心地などを高い次元で成立させたということだ。

車両本体価格は7,960,000円となっている。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧