ポルシェデザイン50周年を記念した750台限定モデル、「911エディション50Yポルシェデザイン」発売!

フェルディナンド・ポルシェが1972年にデザインした「クロノグラフI」と同じカラーに

ポルシェジャパンは、ポルシェデザイン50周年を記念して、911タルガ4GTSをベースにした限定モデル「911エディション50Yポルシェデザイン」の予約受注を、全国のポルシェ正規販売店にて開始した。車両本体価格は25,050,000円となっている。

911エディション50Yポルシェデザインは、F.A.ポルシェのアイコニックなデザインにインスパイアされた多数の装備を備える、750台のリミテッドエディションだ。フェルディナンド・アレクサンダー・ポルシェに敬意を表し、彼が1972年にデザインした伝説の腕時計「クロノグラフI」と同じカラーに塗装されており、プラチナサテン仕上げの“Porsche Design”ロゴが入ったクラシックなサイドストライプが側面を飾っている。過去へのオマージュにはこれに加えて、クラシックなチェック柄のSport-Texシートセンターや、スポーツクロノパッケージ(標準装備)のレッドの秒針のポルシェデザイン サブセカンドクロックが含まれる。
スペシャルハイライトのタルガバーはレーザー加工を施したプラチナサテン仕上げとなっており、これは、ブラッシュステンレススチールだった、オリジナルの911S2.4 タルガの新解釈でもある。リアエンジンカバーのグリルには、F.A.ポルシェのシグネチャーと“Porsche Design 50th Anniversary”バッジが付く。

ポルシェミュージアムにて50周年記念の特別展も開催!
ポルシェクラシックは、過去2年間、ポルシェデザインの50周年を祝うユニークなプロジェクトとして、ポルシェデザイン設立年である1972年の、911S 2.4タルガのレストアに取り組んできた。ポルシェミュージアムでは、2022年7月11日まで開催される特別展においてポルシェデザインの50周年を祝うが、レストアされた1972年のポルシェ911S 2.4タルガと、新しい911エディション50Yポルシェデザインの2台も、ここで見ることができる。

この特別展では、ポルシェデザインの誕生を象徴するクロノグラフIの2つのバージョンが最大の呼び物となっており、そのほかP8478アビエイターサングラス、ストップウォッチプッシャーを内蔵したモノブロックアクチュエーター クロノタイマーシリーズ、P3613タバコパイプ、P9521携帯電話なども展示。ポルシェミュージアムのバルコニーでは、F.A.ポルシェ自身が所有した993スピードスターと、彼が傑作と評した904も披露される。

【問い合わせ先】ポルシェ コンタクトTEL:0120-846-911 https://www.porsche.com/japan/

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧