【スクープ】「最善か無か」2023年デビューへ!メルセデスベンツEクラス次期型、プロダクションモデルを初スクープ

2021/12/22 15:00

次期型ではハイブリットやAMGなど幅広いパワートレインをラインアップする予定か

メルセデスベンツは2021年、ライバルBMW「5シリーズ」との競争力を高めるため、エクステリアデザイン、エンジンの微調整、インテリアテクノロジーを改善したが、すでに次期型の開発に着手しているようだ。

初代Eクラスは、1985年にデビュー。第5世代となる現行型「W213」型は2016年から発売されており、すでに5年が経過、いよいよ第6世代「W214」型に世代交代される。

スクープサイト「Spyder7」のカメラがはじめて捉えたプロトタイプは、開発初期段階のため完全なカモフラージュが施されている。しかし、フロントエンドでは早くも市販型コンポーネントと思われるヘッドライトが装備されていることがわかるほか、グリルデザインの変更がなされる可能性もありそうだ。

後部では、バンパーの形状を一新しているようだが、わずかにLEDテールライトの一部が見てとれるだけで、排気口も隠されている段階だ。キャビン内では、フラッグシップセダン「Sクラス」や「Cクラス」新型の、大型ディスプレイを伴うレイアウトが継承される可能性が高いだろう。

メルセデスは今年始め、Eクラスのエレクトリックバージョン「EQE」をデビューさせたが、Eクラス次期型では、効率的なハイブリットや強力なAMGを含む幅広いエンジンが提供されると予想される。

現行ラインアップで、最も売れていいるモデルの1台であるEクラスだが、同社のスローガン「The best or nothing」(最善か無か)のもと、次期型は2023年内のデビューを目指している。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!