「ポルシェ718スパイダー」vs「アルピーヌのA110S」vs「ロータス・エキシージ」ドライビングプレジャーを追求した究極のピュアスポーツは?【輸入車100のQ&A】

萩原秀輝
AUTHOR

3台の中でイチオシはアルピーヌA110Sです!

ここでは注目のピュアスポーツカー3台の比較試乗を行なった。ドイツを代表するミッドシップスポーツカーのポルシェ718スパイダー、フランスの名門ブランド、アルピーヌのA110S、そしてイギリスを代表するロータス・エキシージは、走りのテイストにどんな違いがあるのか?

一体感が高いA110S硬派な718スパイダー

ドライビングプレジャーを得るには、走りのイメージを持てることが大前提となる。そして、ステアリング操作やペダル操作を意識しながらその反応を確かめる。それが走りのイメージと一致しているのかどうかが重要なのだ。期待以上なら、その程度に応じてドライビングプレジャーが増す。
ただ、反応が期待以上であった場合は、その度合いが問題となる。場面が公道であればなおさらだ。その意味では、今回試乗した3モデルの中ではアルピーヌA110Sは文句ナシのイチオシだ。ステアリングの切れ味は、高速域でもスッキリと軽くスムーズ。初期の応答性がシャープすぎないだけに、日常的な場面でも余計な緊張感に縛られることはない。

ステアリングをスッと切れば、スッと曲がってくれるため操作と反応が見事なまでに一致。その過程で、前後バランスが整ったロールの進行にともないタイヤのグリップ感も増してくる。タイヤそのもののグリップ力に頼るのではなく、ボディやサスペンションによりそれを引き出している実感がある。それもまた、操作と反応が一致する重要な要因となる。

ALPINE A110S
Specification 全長×全幅×全高=4205×1800×1250㎜■ホイールベー ス=2420㎜■車両重量=1110㎏■エンジン種類/排気量=直4DOHC16V+ターボ/1798㏄■最高出力=292ps(215kW)/6420rpm■最大トルク=320Nm(32.6㎏-m)/2000rpm■トランスミッション=7速DCT■サスペンション(F:R)=Wウイッシュボーン:Wウイッシュボーン■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク■タイヤサイズ(F:R)=215/40R18:245/40R18■車両本体価格(税込)=8,640,000円■問い合わせ先=アルピーヌジャポン℡0800-1238-1100

A110に比べて最高出力が40ps増したA110S。エンジンはA110と同じ1.8ℓ直4ターボだが、パフォーマンス向上のためにターボのブースト圧をアップ。インテリアには随所にオレンジステッチが施されるほか、カーボンファイバ ーやマイクロファイバー(ディナミカ)が採用される。

1.8Lの直列4気筒ターボエンジンは、アクセル操作に対する反応が期待以上だ。ただ、反応が過剰ではなく身構えずに済む。アクセルを踏めばレブリミットの7000rpmに迫る勢いで吹け上がり、2速でフル加速しても高速道路なら制限速度以内に収まる。
しかも、インテリアはピュアスポーツらしくスパルタンに仕立てられているにもかかわらず、日常の足としても乗りこなせるだけの快適さも備える。いつでもどこでもドライビングプレジャー、そんな期待にも応えてくれるわけだ。

アルピーヌA110とA110Sの違いは?

A110Sはチューンでよりスポーティに!

A110Sのルーフには、スポーツ性を際立たせる光沢仕上げのカーボンルーフを採用。また、オレンジブレーキキャリパー、ブラックエンブレム等も特徴で、タイヤサイズもA110と異なり前215/40R18、後245/40R18となる。

PORSCHE 718 SPYDER
Specification 全長×全幅×全高=4430×1801×1258㎜■ホイールベース=2484㎜■車両重量=1420㎏ ■エンジン種類/排気量=水平対向6DOHC24V/3995㏄■最高出力=420ps(309kW)/7600rpm■最大トルク=420Nm(42.8㎏-m)/5000-6800rpm■トランスミッション=6速MT■サスペンション(F:R)=ストラット:トラット■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク■タイヤサイズ(F:R)=245/35ZR20:295/30ZR20■車両本体価格(税込)=12,375,000円■問い合わせ先=ポルシェジャパン℡0120-846-911

ポルシェ718スパイダーは、ボクスターをよりスパルタンに仕立てている。シンプルなトップには内張りがなくフレームがむき出しになっているあたりも、特別なモデルを所有する満足感に結びつく。それでいて、インテリアはポルシェらしくGTカー的なラグジャリー感も漂っている。
走らせると、再びスパルタンな印象が際立つ。そのため、何とも走りのイメージが想像しにくい。ステアリングは手応えが重めであり、ガッシリした切れ味となる。ステアリング操作に対する反応は初期から超ダイレクトであり、速域が高くなるほど真剣に対峙することが要求される。たぶん、こうした操作に対する反応は、場面がサーキットなら走りのイメージが抱きやすくなるに違いない。自然吸気式の4L水平対向6気筒エンジンも、同様の印象を抱かせる。当然、かつての911が搭載していたノンターボのエンジンがもたらす走りをイメージしたくなる。ところが、公道を走らせる場面では高速道路を含めアクセルを踏み込めばシャープに吹け上がる反応は期待と一致しない。
このあたりは、エンジンの問題ではない。実際に、自然吸気エンジンらしく8000rpmに迫るまでパワーが伸びる。だが、速度は2速4000rpmで70㎞/hなので計算では8000rpmで140㎞/hと超ハイギア。2速フル加速のイメージが、一般的なギア比なら3速に置き換えられてしまうので仕方なしか。サーキットであれば速域が高くなり各ギア比もクロスしているので、この6速MTがピタリとくるはずだ。

4L水平対向6気筒エンジンは先代モデルより45ps上回る最高出力420ps、420Nmの最大トルクは5000~6000rpmで発生。0→100km/h加速タイムは4.4秒、最高速度は301km/hに達する。ホイールは軽量かつ高剛性の20インチアルミを装備する。今回の試乗車は6速MTだが、7速PDK(1289万円)も用意されている。

718スパイダーのソフトトップはどうやって開閉するのですか?

最初と最後のロックだけが電動で、あとは手動です。

718スパイダーは軽量のソフトトップを採用する。ロックのみ電動であとは手動で開閉する。折りたたみ式のトップは数ステップでトランクリッドの下に収納が可能だ。慣れれば数分で開け閉めの作業ができる。

718スパイダーと718ケイマンGT4の違いは?

718ケイマンGT4はよりスポーツ志向が強いです。

718ケイマンGT4と718スパイダーのパワートレインとシャシーは完全に共通化される。718ケイマンGT4は大型リアウイングやリアディフューザーなど、いかにもサーキット走行にフォーカスしたモデルらしいアイテムを装備する。価格は1310万円。

サーキットまで飛ぶエキシージのプレジャー

LOTUS EXIGE SPORT 410
Specification 全長×全幅×全高=4080×1800×1130㎜■ホイールベー ス=2370㎜■車両重量=1110㎏■エンジン種類/排気量=V6DOHC24V+スーパーチャージャー/3456㏄■最高出力=416ps(306kW)/7000rpm■最大トルク=410Nm(41.8㎏-m)/2500-7000rpm■トランスミッション=6速MT■サスペンション(F:R)=Wウイッシュボーン:Wウイッシュボーン■ブレーキ(F:R)=Vディスク:Vディスク■タイヤサイズ(F:R)=215/45ZR17:285/35ZR18■車両本体価格(税込)=13,585,000円(新規オーダーは終了)■問い合わせ先=エルシーアイ70120-371-222

ロータス・エキシージスポーツ410は、サーキットでの走りのイメージが公道で楽しめる。深いサイドシルに囲まれたバケットシートに腰を降ろしただけで、レーシングマシンを操る気分になる。ステアリングにパワーアシストがなく手応えは重いが、本来の場面はサーキットなのだからと納得できてしまう。重いクラッチを踏みリンクが剥き出しのシフトレバーを操作すれば、その反応で走りのイメージがサーキットに飛ぶ。だからといって、緊張感を覚えつつも過剰ではないだけに超スパルタンでも受け入れられる。低速では重いステアリングも、日常的な場面では負担が軽減される。サーキットなら大きなダウンフォースにより手応えが増すはずだが、その速域には至らないからだ。操作初期の反応がシャープすぎないあたりも、公道では好都合だ。3.5LのV型6気筒エンジンにはスーパーチャージャーが組み合わされ416psを発揮するハイチューニングぶりだ。それでも車重は1110㎏なので、過給効果が十分ではない低回転域でも期待以上の力強さが確かめられる。そして、アクセルを踏み込めば4500rpmからレーシングマシンそのものの快音を響かせる。6500rpmにシフトアップを促すインジケータが点灯するが、公道であれば一瞬の出来事。もはや、走りのイメージがサーキットから戻ることはないようなもの。こうしたドライビングプレジャーが実感できるピュアスポーツは、世の中に多くは存在しない。

サーキット走行を重視した「エキシージ・カップ430」のノウハウを生かしながら、完璧なロードカーを目指して開発されたのがエキシージスポーツ410となる。カーボンファイバー製のフロントリップスポイラーや大型リアウイングなどにより、最大150㎏のダウンフォースを獲得する。

2021年にエキシージの生産が終了するのですか?

エキシージスポーツ390/420ファイナルエディションが買えます。

新たな時代へ進み始めたロータスは、エリーゼ/エキシージ/エヴォーラの生産終了を決定。現在、エキシージで購入できるのは、ファイナルエディションの「エキシージスポーツ390(1177万円)」と「エキシージスポーツ420(1397万円)」。

フォト:小林俊樹/T.Kobayashi ル・ボラン2021年6月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!