V12の極上なサウンドと吹け上がりを味わえる最後のモデル!?「フェラーリ812コンペティツィオーネ」が発表

2021/05/08 12:00

タルガトップ版の「812コンペティツィオーネA」も同時デビュー!

フェラーリは5月5日、812スーパーファストベースとする限定生産モデルの812コンペティツィオーネを発表した。フェラーリのSNS アカウントでライブ配信された発表イベントでは、タルガトップバージョンの812コンペティツィオーネAも同時に登場。こちらも限定生産モデルとなる。

注目の6.5L V12ユニットは、最高出力を812スーパーファストの800cvから30cv上乗せとなる830cvを発生、最高回転数も500rpmアップの9500rpmをマークする。これは、コンロッドやピストン、クランクシャフト、バルブトレインなどの主要コンポーネントを細部まで再設計した結果だという。また、エキゾーストシステムにも手を加えたことにより、環境性能に対応しつつも、V12独特の吹け上がりとサウンドは健在とのことだ。

一方空力性能にも改良が施されており、フロントのエアインテークは形状を変更することで冷却効率を10%向上、またブレーキにはSF90に採用されたエアロキャリパーを装備することで、冷却性を高めているという。さらにリアスポイラーとディフューザー、アンダーボディの形状も最適化が図られ、アルミパネルとされたリアスクリーンにも空力効果を持たせることで、ダウンフォースを向上させつつ抵抗を抑えている。

コンペティツィオーネと名付けられるだけあって軽量化にも尽力。特にフロント&リアバンパー、リアスポイラー等と、ホイールリム部にもカーボンを用いることで、重量は812スーパーファストから38kg削減された。

エクステリアでは、ボンネット上のカーボン製ブレードと同じくカーボン製のスプリッターが見どころ。先のアルミ製リアスクリーンと併せ、このあたりは812スーパーファストと差別化が図られた部分だ。ちなみにインテリアは812スーパーファストと同様のデザインが採用されている。

今後フェラーリも2025年にピュアEVスポーツを投入することがアナウンスされており、すでにPHEVのSF90もリリースされるなど電動化が進むなか、恐らく最後のV12NAユニットとなりそうな812コンペティツィオーネ、極上のサウンドと吹け上がりを楽しめるのも今のうちかもしれない。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!