【国内試乗】「マセラティ・ギブリ・ハイブリッド」マセラティ初の電動化モデルはセダンから!

AUTHOR
2021/05/04 12:00

昨今、一気に電動化の波が押し寄せている欧州ブランドだが、それはマセラティとて例外ではない。これに対応した彼らの初となる電動化モデル「ギブリ・ハイブリッド」が上陸した。2L直4ターボにeブースターと48VマイルドHVを組み合わせた新パワーユニットは、官能的なサウンドも健在だったのだ!

パワーをコントロールして自在に操ることができる

マセラティにもいよいよ電動化の波が押し寄せてきた。電動化は世の趨勢といった風潮ではあるものの、エンターテインメント・ハイパフォーマンスカー・メーカーともいうべきマセラティが、電動化をどうギブリに取り込んでいるのだろうか。

試乗車のボディカラーはクールな青味を帯びたグレーのグリジオ・エヴォルツィオーネ。太陽光の下で一層映える発色が特徴となっている。

ギブリに追加されたのは、48Vのマイルドハイブリッドシステムを搭載したギブリ・ハイブリッドだ。これを次世代のマセラティの主力を担うパワーユニットのひとつに据えるという。
マイルドハイブリッドと聞くと、ネガティブなイメージを受けるかもしれないが、さにあらず。このシステムは、2L 4気筒ターボエンジンにスターターと発電機を兼ねるBSG(ベルトドリブン・スターター・ジェネレーター)と、eブースター、それに48Vバッテリーで構成されている。

パワートレインは330ps/450Nmを発生する2L直4ユニット+eブースターに、48VのBSGを組み合わせたマイルドハイブリッドシステム。トランスミッションは8速ATとなる。

eブースターはターボと同じように空気を圧縮する装置で、48V電源で作動、ターボが利きだす手前の領域を担当し、ターボが効き始めると停止する。つまりターボラグの領域を補ってくれるシステムなのだ。しかも、発進時や中間加速領域ではBSGのモーターが駆動力をアシストしてくれるという念の入ったものとなっている。
いうまでもなく、このモーターアシストの部分が燃費向上には欠かせない性能となっていて、WLTCモードで11.8km/Lをマーク。

ラグジュアリーかつスポーティな装いのコクピット。新世代マルチメディアシステム、マセラティ・インテリジェント・アシスタント(MIA)が装備されるほか、シフトレバーも新デザインに。メーターにはパワーフローも表示される。

パワースペックは、最高出力330㎰/5757rpm、最大トルク450Nm/4000rpmと、このクラスのハイパフォーマンスカーとしては突出したものではないが、いざ走らせてみると、印象は180度変わる。力強く、しかも走りやすいのだ。ついでに言うとコントロール性も抜群にいい。
例えば走り出す瞬間、モーターアシストと思われる厚みのあるトルクが軽々とクルマを発進させてくれるのだ。タイヤ2〜3転がり、アクセル開度も3分の1に満たない場面でも、十分にスムーズな加速が得られるから、それ以上アクセルを踏む必要性を感じないのだ。ストレスなく軽々と走り出してくれる。
そこから意図的に深くアクセルを踏み込むと、間髪を入れずeブースターで増幅されたトルクが加わってくる。まるで、もっと大きな排気量のエンジンが搭載されているような感覚だ。
ターボを利かせた全開加速は、力感のあるトルクに支えられた伸びのある爽快な加速感といったところ。持て余すような速さがないぶん、素晴らしくパワーコントロールしやすい。低回転から高回転までパワーやトルクのつながりがいいのだ。

ブレーキキャリパーとサイドのエアベントには、クリーンなモデルであることを示すブルーのアクセントが。試乗車には20インチサイズのピレリPゼロが装着。トランク容量は500Lと十分なスペースが確保されている。

このためコーナリング中、アクセルをいったんオフにしてリアが滑りだすのをきっかけにしてドリフトの姿勢に持ち込む時も、アクセルオフから再びアクセルを踏み直すときのアクセルの加減がつかみやすい。
加えて、ギブリ・ハイブリッドは操縦性もいい。ドリフトの姿勢に持ち込む時に感じたのだが、リアタイヤの流れ方とフロントタイヤのグリップバランスがとても良いのだ。
ハイパワーFRはパワーオーバーステアを抑えるため、後輪のほうが太いタイヤを履くのが一般的だが、ギブリは前後245/40R20(オプション)で同サイズ。つまりこれはクルマの重量バランスがいいということで、実際ドリフト中の安定感も抜群に良かった。
パワーをねじ伏せるようなドライビングは求められないが、その分パワーをコントロールして自由自在に操る愉しさがギブリ・ハイブリッドにはある。刺激ではなく上り詰める喜びが新時代のマセラティ=ギブリ・ハイブリッドの魅力といえるだろう。

【Specification】マセラティ・ギブリ・ハイブリッド
■車両本体価格(税込)=9,560,000円
■全長×全幅×全高=4971×1945×1461mm
■ホイールベース=2998mm
■トレッド=(前)1635、(後)1653mm
■車両重量=1950kg
■エンジン種類=直4DOHC16V+ターボ
■内径×行程=84.0×90.0mm
■総排気量=1998cc
■圧縮比=9.5
■最高出力=330ps(243kW)/5750
■最大トルク=450Nm(45.9kg-m)/4000rpm
■燃料タンク容量=80L(プレミアム)
■燃費=11.8km/L(WLTC)
■トランスミッション形式=8速AT
■サスペンション形式=(前)Wウイッシュボーン/コイル、(後)マルチリンク/コイル
■ブレーキ=(前後)Vディスク
■タイヤ(ホイール)=(前)235/50R18(ーJ)、(後)235/50R18(ーJ)
■公式ページ https://www.maserati.com/jp/ja/models/ghibli

フォト=柏田芳敬 Y.Kashiwada ルボラン2021年月5号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!