【スクープ】あれから12年、伝説のV8クーペがFRで帰ってくる!? メルセデス・ベンツSLRマクラーレン後継モデルを大予想

まさにスーパースポーツカー級のルックス

メルセデス・ベンツがかつて生産していたスーパーカー「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」後継モデルを予想する最新CGを入手した。

SLRはメルセデス・ベンツとマクラーレンが共同開発し、2004年から2009年にかけ販売したスーパーカーだ。車名は1955年に躍動した「300SLR」から由来し、5.4L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載、バタフライドア、F1ノーズなど特徴あるデザインで伝説のスーパーカーとなっている。

協力してくれたのはGeorgi Bozhkov氏だ。エクステリアからはマクラーレンよりのフロントエンドが見てとれるほか、「Senna」を彷彿させるフーススクープ追加されている。しかし、ロングフード、ショートデッキ、フロントフェンダーのシグネチャースラットなどは初代から継承され、サイドスラット上部にはスリーポインテッドスターのエンブレムを装備している。

リアエンドではスレートされたエンジンカバーとテールの高い位置に配置されており、エンジンがリアにマウントされていることが伺える。またデュアルエキゾーストパイプはマクラーレンの特徴的セットアップといえるだろう。

現段階で復活の有力な情報はないが、後継モデルを期待したいスーパーカーの1台といえる。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!