キャデラックが初の電気自動車「LYRIQ(リリック)」を世界初公開!

専用のプラットフォームを採用、フル充電で483km以上の航続距離を実現

米ゼネラルモーターズは4月22日、キャデラックブランドの電気自動車「LYRIQ(リリック)」を世界初公開した。2021年9月から全米で受注予約をスタートし、2022年前半から販売を開始するとのことだ。

専用のEVアーキテクチャを搭載する「リリック」は、12モジュールで構成された100kWhのバッテリーパックと後輪駆動の「アルティウム」プラットフォームを採用。最高出力340psと最大トルク440Nm(同社推定値)を発揮し、フル充電で300マイル(約483km)以上の航続距離を実現するという。

また公共の充電ステーションでの190kWの高速直流(DC)急速充電にも対応しており、10分の充電時間で約76マイル(約122km)の航続距離を延長することがで可能。家庭での充電については、19.2kWの充電モジュールにより、業界最速の速度で1時間あたり航続距離を最大52マイル(約84km)伸ばすことができる。

一方、電動ドライビングエクスペリエンスを思い通りにコントロールするため、利便性の高い「ワンペダルドライビング」と共に、次世代のGM独自の回生ブレーキシステム「Variable Regen on Demand(バリアブル・リジェン・オン・デマンド)」テクノロジーを採用。このシステムにより、ドライバー、ステアリングホイールに備わる感圧パドルを使って、どれくらいのスピードで減速し完全に停止するのかを制御することが可能となっている。またいずれのテクノロジーも、回生ブレーキを利用して走行効率を最大限に高めるものだ。

エクステリアは、キャデラックの特徴的な「ブラッククリスタル」のグリルを採用。また業界初となる縦長のライティングは、点灯の演出によって強調されるしくみだ。

インテリアはシンプルで、二次的および三次的なデザイン要素を重視。またウッドとメタルの組み合わせに、レーザーで複雑にエッチングされたパターンを施した独自のデザインを採用した。コクピットは、湾曲した大型LEDスクリーンを中心に、すべてのコンポーネントが巧みに組み込まれ、テクノロジーと照明、装飾に一体感をもたらしている。

その他にも、対象の道路における業界初の完全ハンズフリー運転支援システム「スーパークルーズ」や、 対角33インチの最新型大型LEDディスプレイ、 キャデラックの次世代「アクティブノイズキャンセレーションシステム」、 ヘッドレストスピーカーを含む19個のAKGスタジオ製スピーカーオーディオシステム、 スマホを活用したKeyPassデジタル車両管理アプリ、 デュアルレベル充電コード、 標準装備の20インチアロイホイール(22インチがオプショ)等、多彩な装備が用意されているのもトピックだ。

キャデラックのバイスプレジデントであるロリー・ハーベイ氏は、「キャデラックは今後10年間で、一連のエキサイティングな新型電気自動車を通じてラグジュアリーな交通手段の未来を定義していきます。そして、すべては『リリック』から始まります。2023年モデル『キャデラック リリック』の見事なデザインと巧みに統合されたテクノロジーは、GMの『アルティウム(Ultium)』プラットフォームとの組み合わせにより、かつてない高性能でラグジュアリーな体験を提供します。そしてこれがキャデラックの新たなスタンダードとなることでしょう」と述べている。

2023年モデルとなる「キャデラック リリック」は、2022年第1四半期に生産が開始される予定で、価格は59,990ドル(約647万円)。現在のところ日本市場への導入時期は未定とのことだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!