フェラーリ初のリトラクタブルハードトップを備えたオープンプラグインハイブリッドモデル「SF90スパイダー」が日本初披露!

相澤隆之
AUTHOR

クーペモデルの「SF90ストラダーレ」と同等のパフォーマンスを発揮

フェラーリジャパンは4月2日、同社初のプラグインハイブリッドモデルとなる「SF90ストラダーレ」のオープン版「SF90スパイダー」を国内初披露した。

2020年11月にイタリア・マラネロにてワープロプレミアされたSF90スパイダーは、同時にフェラーリ初のリトラクタブルハードトップを備えたプラグインハイブリッドモデルで、クーペ版のSF90ストラダーレと遜色ないパフォーマンスを発揮するのが特徴のひとつ。

パワーユニットは、780ps/800Nmを発揮する3990ccのV型8気筒ターボエンジンに、合計3基(フロント左右に2基、リヤに1基)で220psを発揮するーターを組み合わせ、システム出力1000psを引き出す。リチウムイオンバッテリーの容量は7.9kWhで、0-100km/h加速は2.5秒、最高速度は340km/hをマークするなどクーペボディと同等の動力性能を誇る一方、フロントのモーターだけで駆動するゼロエミッション走行は25kmの航続距離と、135km/hの最高速度を実現。フロント2基の電気モーターが最適なトルクベクタリングを行うことで、オンロードはもちろん雪道でも安定したドライビングが可能だという。

走行モードの選択スイッチであるマネッティーノは、他のエンジンモデルとは異なり、フロントのモーターのみで駆動する「eDrive」と、標準的なドライビングモードの「Hybrid」、エンジンが常に稼働し、効率よりもバッテリーへの充電を優先する「Performance」、システムのすべてのポテンシャルをフルに引き出す「Qualify」の4モードが設定。省燃費からサーキット走行まで、幅広いレンジでその走りを楽しむことができる。

デザインはフェラーリのスタイリングセンターが担当。コンパクトなオーバーハングにキャブフォワードのスタイルで、ミッドシップモデルであることを主張。ヘッドライトはLEDを用いたマトリックス仕様でアクティブビームコントロール機構が搭載されている。

リヤビューでは、フェラーリの伝統である丸形テールライトから、横に長いリングタイプへと変更されたのもトピック、また搭載位置が高められたエキゾーストパイプも特徴だ。

コクピットは、最新モデルである「ローマ」のインターフェイスをアップデート。中央のインストルメントクラスターは16インチのデジタルHD画面で、ドライバーに向けて湾曲させるとともに、ステアリング各種操作系を集約させ、ドライバーが運転に集中できるような、F1マシンと同様のシステムが採用されている。

また標準仕様車のほかに、よりスポーツ指向の「Asetto Fiorano(アセット・フィオラノ)」仕様も設定。こちらはマルチマチック・ショックアブソーバーやカーボンファイバー製ドアパネル&アンダーボディ、チタン製スプリング&エキゾーストラインなど、高性能素材を採用した超軽量コンポーネントが含まれ、30kgの軽量化が図られている。

都内で行われた発表会では、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ氏がプレゼンテーションを行った。

なおこのSF90スパイダーの価格は5856万円~とのことだ。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!