フォルクスワーゲンのコンパクトSUV「Tクロス」のカタログモデルが販売開始!

H.Tanaka
AUTHOR

「Tクロス」は大ヒットした導入記念車に代わり「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の2グレード構成に

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパン(VGJ)は、フォルクスワーゲンのコンパクト SUV「Tクロス」のカタログモデルを3月2日に発売した。グレードは「TSIアクティブ」と「TSIスタイル」の2タイプで、消費税込みの車両本体価格はそれぞれ2,780,000円と3,030,000円となる。

2グレードで展開されるカタログモデルは、引き続き1Lの3気筒TSIエンジンを搭載。7速DSG(DCT)を組み合わせ、軽快かつ俊敏な走りを実現している。また、SUVならではの使いやすさや上級モデルに匹敵する運転支援システム、快適装備を多数採用していることも魅力のひとつ。さらにデジタルメータークラスターの「Digital Cockpit Pro」やスマートフォン・ワイヤレス・チャージングがセットとなったテクノロジーパッケージや、レーンキープアシストシステム「レーン・アシスト」や駐車支援システム「パーク・アシスト」などの運転支援システムがセットとなるセーフティーパッケージ、フォルクスワーゲン純正インフォテイメントシステムの「ディスカバー・メディア」など、多彩なオプション体系を設定。今まで以上に細やかなユーザーのニーズに応えることが可能となっている。

Tクロスは、2020年1月末より導入記念特別仕様車の発売がスタート。2020年の販売数は8930台と、輸入SUVではトップの販売台数(VGJ 調べ)を記録している。日本では、その道路環境にマッチしたボディサイズによる取り回しの良さ、そしてラゲッジスペースの広さなどの実用性の高さが評価されているという。

TAG :

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!