【比較試乗】「アウディ A4 vs メルセデス・ベンツ Cクラス vs BMW 3シリーズ」ブランド色を濃厚に映し出すバランスに優れた中堅セダンはどれだ?

AUTHOR

御三家の対決企画では定番中の定番といえるミドルクラスセダン。人気の面ではコンパクトカーやSUVに押され、やや影が薄くなっているが各ブランドのキャラがもっとも色濃く出ているのは、相変わらずこのクラスといえる。そこで、今回はパッケージングや走りの部分をガチンコ比較してみた。

3台の中もっとも新しいのはA4

今回比較する3台は、ドイツ御三家の主力モデルとして常に注目を浴びる存在だ。モデルチェンジのタイミングにズレがあるため、ドイツ車ファンには「いまどのクルマを選ぶべきか?」という悩みが常につきまとう。

MERCEDES-BENZ C200 Laureus Edition/試乗車のC200は、AMGラインのダイナミックなフォルムとともに、スポーツサスペンションを装着したローレウスエディション。

3台の中で、登場が一番早いのがCクラスである。日本では2014年7月に発売した。アジリティ(機敏さ)の向上をテーマに開発され、アルミの使用率を高めてボディの軽量化を図るとともに、サスペンションを一新するなどしてスポーティなハンドリングを実現している。2018年7月にはマイナーチェンジを行い、エクステリアの見直しに加えて、フル液晶メーターのコクピットディスプレイや新デザインのステアリングホイールの採用などでリニューアルを図った。

MERCEDES-BENZ C200 Laureus EditionMERCEDES-BENZ C200 Laureus Edition/C200はパワフルな1.5Lを搭載

現行の3シリーズは「G20」と呼ばれる第7世代で、フロントマスクを特徴づけるキドニーグリルを従来の二分割型から一つのフレームで縁取られるデザインに変更したり、デジタルメーターを標準装備するなどして、イメージの一新を図ったのが特徴だ。

MERCEDES-BENZ C200 Laureus Edition/パワフルな1.5Lの直4直噴ターボ+BSG+48V電気システムを搭載したモデルだ。トランスミッションは9速ATとなる。

3台中もっとも新しいのがA4だ。「B9」と呼ばれる現行型は、2016年2月に日本上陸。新アーキテクチャー「MLB evo」の採用により走行性能や安全性を高める一方、従来よりもシャープなデザインのシングルフレームグリルや、フルデジタルメーターのアウディバーチャルコクピットの採用などにより、進化を遂げた。そのA4のマイナーチェンジ版が2020年10月に登場。ヘッドライトやラジエターグリルに加えて、多くのボディパネルを変更することでエクステリアデザインを刷新。インテリアもタッチスクリーンのセンターディスプレイを採用するなど、“マイナーチェンジばなれ”した変貌を遂げている。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ルボラン2021年2月号より転載

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!